【事実】ニュージーランドに本気で移住したい人が住むべき場所は

過去のニュージーランドの住宅価格上昇率は何%?

ニュージーランドの家は価格が高いと思いませんか?

ひと昔はそんなことはなく、平均的な所得がある人ならオークランドでも庭付きの家を買うことができました。

しかし、2000年代以降、住宅価格はスピードを上げて上昇していきます。

過去の全国住宅価格(中央値)はどのように推移したのか。

グラフを見るとその勢いがよくわかります。

(出所 interest.co.nz)

2002年ごろまでは緩やかな右肩上がりでしたが、2004年以降は角度が急になっています。

1992年に11万ドルだった中央値は、27年後の現在、58万5千ドルに達しました。

約30年で5倍になったわけですが、この間の価格上昇率は年率で平均何%だったのでしょうか?

計算してみたところ、6.385%ということがわかりました。

一般的な家の価格が100万ドル越えするのはいつ?

これからも過去と同じになるとは限りませんが、インフレと需給バランスから上昇トレンドを続けていくことは間違いなさそうです。

そこで、仮に今後6%ずつ住宅価格が上がった場合、将来の住宅価格はいくらになるのかを計算してみました。

◯年後西暦価値
現在2019年$585,000
5年後2024年$772,786
10年後2029年$900,722
15年後2034年$1,122,464
20年後2039年$1,398,794
25年後2044年$1,743,152
30年後2049年$2,172,285

年平均6%の上昇を続けると、10年後には中央値が100万ドル越えになります。

”計算上はそうなるとしてもそれは信じられないよ”

そうですね。では、もう少し控えめな数字(年平均4.5%)に置き換えて計算してみましょう。

現在  (2019年) $585,000
5年後 (2024年) $772,786
10年後(2029年)   $900,722
15年後(2034年) $1,122,464
20年後(2039年) $1,398,794
25年後(2044年) $1,743,152
30年後(2049年) $2,172,285

4.5%でも『13年後』には中間値が100万ドルを超える計算になります。

100万ドルと聞くと、今はとても大きな金額のように聞こえます。

しかし、十数年先のニュージーランドでは一般的な家の価格が100万ドル以上になっていても不思議ではなく、そうなると想定しておくべきなのです。

家を買うために必要なお金はいくらあればいい?

一般的に、家を買うためには「銀行の融資」が必要です。

通常、住宅ローンの頭金は物件価格に対して20%で、中央値(58万5千ドル)の家を買うには11万7千ドルが必要ということになります。

また、頭金が用意できてもローンを払い続けられる収入がなければ家は買えません。

そこで、1ヶ月当たりのローン返済額を以下の例で計算してみました。

例)58万5千ドルの家を頭金20%で買った場合

住宅価格 58万5千ドル
頭 金  11万7千ドル
借入金利 5%
ローン  46万8千ドル
借入期間 25年
月返済額 2736ドル

(出所 Westpac Bank Mortgage Calculator)

毎月のローン返済は2700ドル以上にもなります。

想像しただけで思考が停止してしまう人もいるかもしれませんが、この例はあくまで58万ドルの家を買った場合のシュミレーションです。

もっとリーズナブルな物件は探せばいくらでもあり、実は、そうした物件の方が将来価値が上がるポテンシャルを秘めているのです。

不人気エリアは不動産価値の上昇率が高い

ニュージーランドヘラルド紙に、過去1年で最も価値が上がったエリアと、逆に下がったエリアのリストが掲載されていました。

リストを見ると、オークランドノースショアなど誰もが欲しがる地域の住宅価格は下落しています。

上昇率が高かったのは地方のあまり知られていないエリアばかりで18%から23%と高い数値を記録しています。

しかも価格は18万ドルから30万ドルほどと、全国中央値の58万ドルよりはるかに安い価格です。

そこで、仮に30万ドルの物件を頭金20%で買った場合のローン返済額を計算してみました。

例)30万の家を頭金20%で買った場合

住宅価格 30万ドル
頭 金  6万ドル
ローン  24万ドル
借入期間 25年
月返済額 1403ドル

(出所 Westpac Bank Mortgage Calculator)

価格が安いので当然ですが、58万ドルの家を買うときに比べ毎月のローン返済は半分近くで『これなら払っていける』と思う人は多いはずです。

家賃を払うVS家を買う、どちらが経済的?

ニュージーランドの3大都市(オークランド、ウェリントン、クライストチャーチ)の家賃はどれくらいするのでしょうか?

各都市の家賃(中央値)と前年(2018年)からの上昇率は以下の通りです。

オークランド 週$560(+3.7%)
ウエリントン 週$525(+8.2%)
クライストチャーチ 週$405(+1.2%)

(出所 Trade me Property)

週のレントを月あたりに換算し直すとこうなります。

オークランド 月$2400
ウエリントン 月$2250
クライストチャーチ 月$1735

最も安いクライストチャーチでも月あたり1700ドル以上の家賃を払うことになる計算です。

地方で30万ドルの家を買うことができれば、月のローン返済は1400ドルあまりでしたので都市部で家賃を払いながら住むより経済的です。

しかも家の所有者であれば、将来の値上がり益を自分のものにすることができます。

長い目で見てどちらが経済的に安心を得られるかはあきらかです。

まとめ

オークランドに住む知人に地方に住むことを提案しても、こう返事が返って来ることがほとんどです。

”地方に行っても仕事がなくちゃ生活できないよ”

確かに地方には都市部ほど仕事は多くありませんが、全くないわけではありません。

また、前述の通り、住宅価格は地方でも値上がりするので、時間が経過するほどニュージーランドで家を買うことは難しくなって行くでしょう。

”家賃が上がっても払っていけるだけ稼げるし、仕事には一生困らないよ”

そういう人ならオークランドなど都市部で賃貸暮らしを続けても問題はありません。

しかし、そうでければ、早めに家を買った方が経済的に楽になるのは間違いなく、地方にはそのチャンスがあります。

ニュージーランドに定住(または移住)を考えていて、将来的に不安がある人は地方に目を向けて見てはいかかでしょうか。

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 (橘玲著)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする