海外移住は永住権があるから成功する訳じゃないと強く思う理由

最近、転職したある友人の話

先日、オークランドで働く美容師の友人が訪ねて来てくれました。

彼女はワークビザで滞在しており、勤めていたお店を最近、退職したとのこと。

ワークビザは、勤務先があることが条件です。

なので、仕事を辞めてしまえば滞在ビザは観光ビザに切り替わります。

気になって今後どうするのか尋ねたところ、

・すでに次の勤務先が決まっている

・新たにワークビザを申請し発給待ちの状態

つまり、自由時間ができたので、旅行がてら遊びに来たと言っていました。

NZに住みたいと思う人は多いけれど、、、

友人の転職先は日本人経営ではありません。

日本人スタッフは自分以外に1人しかいないので多少不安もあるそうです。

しかし、お給料が前職よりアップするのが嬉しいとニコニコ顔でした。

ワークビザについても取得できるのは時間の問題。

何も心配はしていない様子です。

留学やワーキングホリデーなどでNZに一定期間滞在し、生活に慣れてくると、

このまま住み続けたいな

そう思うようになる人は少なくありません。

ただ、実際に住み続けられる人というのは限られます。

それはビザの問題というよりは仕事(収入)の方が大きいように感じます。

永住権を持っていても帰国する人たち

永住権を持っていて日本に帰国した知人・友人はたくさんいます。

そして、僕自身も永住権取得後に帰国を決断しました。

帰国する理由は仕事だけではなく、

・日本にいる家族の事情(病気・介護)

・子供の教育を日本で受けさせたい etc

個別に色々あると思います。

ただ、その中でも

経済的な理由で帰国を決断するケースが多い

というのも事実です。

僕が日本に帰国することを決めた時は、共働き(フルタイム)で働いていました。

ですので、経済的に困っていた、というわけではありません。

しかし、30代になると、20代の時と比べ将来の不安を強く感じるようになってきます。

そんな中、知り合いの中には

・持ち家を購入する人

・同年代で僕の倍以上稼いでいる人

・起業して自分の店を持つ人

そういう同世代もいて、焦る気持ちを抑えられなくなりました。

ガッツリ稼ぐ時期は必要

日本に帰国したからといって稼げるとは限らない

そういうことも頭ではわかっていました。

しかし、ニュージーランドよりも日本の方がチャンスがあると当時は感じていたこともあり、帰国を決断したのです。

帰国後の生活は想像以上にハードなもので、二度と繰り返したくはありません。

ただ、そのおかげもあって、ニュージーランドに念願の持ち家をもつことができました。

また、労働以外から収入を得ることを覚えられたことも大きな財産です。

人生の内でガッツリ働いて稼ぐ時期は必要

僕はそう考えています。

この国で稼げずに生活が苦しいままであれば、若いうちに帰国した方が良いと思います。

稼げていても不安はなくならない

僕が日本に帰国したのは30代前半。

友人の年齢は当時の僕と全く同じです。

手に職がある彼女はニュージーランドでそれなりに稼げています。

ただ、そのことで安心していて、これから先のことについては、

こうやって働きながら住み続けられればいいな

くらいにしか考えていないようでした。

今はまだ若いから体はきつくないだろうけど、年をとってくると大変だよ

そう話しをすると、不安がないわけではなさそうです。

万一のために貯金には励んでおり、今の悩みはその額が思ったように増えないこと。

貯金には2%の金利がつくようですが、インフレ経済では貯金は全く増えていないのも同然です。

仮にその貯金を一年前にNZ50(インデックスファンド)へ投資していたとすると、3%超の配当金をもらえています。

さらに株価は一年前に比べ7%以上上昇。

銀行に預けているよりもお金はずっと増えていたでしょう。

貯金に励むこと自体は大切です。

一方で、

一部は投資に回して長期で運用する

その方が将来の保障を作る上でさらに重要であると考えています。

収入が増えると好循環が始まる

スキルを持った友人の収入は、転職後さらに増えることになります。

そうなると投資に回せるお金も今より増やすことが可能です。

友人はすでに投資を開始するための準備を実行中で、いずれ「労働以外の収入」も得ていくことになるでしょう。

また、彼女は将来、気に入った街に家を買うことを目標にしました。

価格が高騰しているオークランドではなく地方都市をターゲットにしているそうです。

永住権取得のハードルは決して低くありません。

ただ、それさえ乗り越えられれば、目標には徐々に近づくことでしょう。

NZの住宅価格は歴史的にゆっくりと右肩上がりを続けています。

持ち家を所有することは『価値を生む資産』を手に入れることと同義です。

・仕事の収入

・投資の収入

・家の資産価値上昇

この3本柱が立てば、友人の経済的基盤は固まり、将来の不安はいずれ解消できるはずです。

まとめ

僕がニュージーランドに初めて来てから20年弱が経ちました。

この国の物価は昔に比べてはるかに上がっています。

2000年代はじめ、オークランドで借りていた3ベッドの家賃は、

週380ドル

いま同様の家を借りようとすると最低でも週550ドルはします。

また、当時からこの国に残っている人たちを見ると、

・努力して結果を出してる人

・漫然と住んでいただけの人

両者の差は埋めようがないほど開いています。

足元を見られながら日系企業で働き、

「給料が安くて嫌になる」

そんな愚痴ばかりこぼしている知り合いがいます。

知り合いの状況を打破するには、

・待遇の良いNZ企業に転職する

・日本に帰国して頑張って働く

これらの選択肢を検討すべきのように思います。

時間が経てば経つほど状況は悪化するだけでいいことは何一つありません。

本気で腹をくくらないと海外移住なんてうまくいかない

厳しい言い方かもしれません。

ただ、目の前の問題を直視できないうちは、その先の未来も見えてこない、と僕は考えます。

日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。太田英基著

「グローバル化」「グローバル人材」などの、耳にタコができるほど聞いてきた言葉。
これらの言葉を耳にする時の文脈は大抵、ネガティブなことが多い。

「グローバル化しないと生き残れない! 」
「グローバル人材にならないと、10年後には…」
「英語を話せるようにならないとヤバイ」

でも、多くの人は、そういう言葉じゃ心が突き動かされない。
もっと、ドキドキするような、ワクワクするようなモノが必要で。

だから、この本は、世界を舞台にして生きていくことの可能性を前向きに綴った本。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする