日常のトラブル対応でわかる!?海外生活に向いている人かどうかのバロメーター

インターネットが突然繋がらなくなった!

ちょうど1週間前から自宅のインターネット(Wifi)が不通になりました。

なんの前触れもなく突然起こったので、原因が全くつかめません。

家のすぐ近くに契約している通信会社の店舗があるので、店のスタッフに事情を話してみました。

「突然ネットが使えなくなって困っているのですが対応してもらえますか?」

「ブローバンドの通信障害については店舗では対応できないのでカスタマーセンターに電話で問い合わせてください」

その後、言われた通りにカスタマーセンターに電話すると、次のように案内されました。

「モデムに差し込まれているケーブルを抜き、電源も切って数分待ってください。その後、ケーブルを差し戻して電源を入れてみてください。」

何度か試してみたものの、通信機器に点灯しているランプに変化はなく、インターネットも不通のままです。

修理の「人」は来ないと思った方がいい

再度、カスタマーセンターに電話して「これではらちがあかないので誰か人をよこしてくれませんか」と頼んでみるのですが、担当者からの返答は「対応する」という言葉だけです。

ひたすら待ち続けても、修理の人がやってくる気配もなし。

仕方ないのでしつこいくらいに電話で問い合わせます。

その度に、受付担当者へインターネットが通じないという説明を何度も繰り返しました。

さらに通信会社の店舗へも再度訪れて、テクニシャン(現場技術者)に来てもらう手配をお願いしましたが、やはりなんの連絡もありません。

通信会社としても個人宅のネット接続不良にいちいち人を送っていたら、人員がいくらいても足りないのかもしれません。

しかし、こちらとしてもじっと待っていたらフラストレーションが溜まるだけです。

会話から見つかった問題解決の糸口

自分では修理できないので、なんとしてもテクニシャンに来てもらってネット接続を回復させたい、、、

そのための交渉をしようと、今日も朝からカスタマーセンターに電話をかけました。

ところが、ふとしたことから問題が解決したのです。

1週間ぶりに自宅でインターネットが使えるようになり、今は快適にネット接続ができています。

これだけ長引いた通信問題の原因は一体なんだったのでしょうか?

当初イメージしていたのは通信機器の故障です。

しかし、実際の原因は通信会社の「事務的な連絡ミス」によるものでした。

先週のことです。

来月引越しをすることが決まり、引越し先ですぐにインターネットが使えるように通信会社に転居先住所や転居日などを連絡をしました。

少し早めにしておいたほうが間違いないと考えて連絡したのですが、通信会社は僕からの連絡後すぐに現住所のネット回線を切ってしまったようなのです。

カスタマーセンターと住所の確認をしていた時、2つの住所が登録されていることに「ひょっとしたら、、、」と接続切断に気づいてくれました。

担当者の予感は的中し、ネット接続の管轄部署に確認して、問題はようやく解決したのでした。

日常トラブルが当たり前の海外生活

インターネットが使えない間は不便な思いをしましたが、その中で良い意味での「気づき」もありました。

例えば、日本のような至れり尽せりのサービスは海外では望めないということ。

そして、問題は解決するまで訴え続けなければならないということ。

今回のことでカスタマーセンターに7回も電話をかけましたが、途中で電話するのをやめてしまっていたらインターネットは今も不通のままだったはずです。

トラブル内容を電話で伝えるのは対面でするよりも難易度が上がります。

カスタマーセンター担当者の英語はインドや中国のなまりが強かったり、超高速マシンガン英語だったりするので、聞き取るのも大変です。

さらに、詳しくもない通信機器のモデルやシリアル番号を確認して伝えたり、技術部門の担当者からの指示通りに配線を繋ぎなおしてみたり、悪戦苦闘が続きました。

ただ、わからないながらもやってみると、できなかったことができるようになったりして自信につながります。

インターネットは電気や水と同じようなインフラ

僕は自営業で、自宅のパソコンを使って仕事をしています。

そのため自宅でインターネットが使えないと、仕事が全く進まず想像以上に不便さを感じました。

それはほとんど停電に近い感覚で、通信会社の必要性を痛感する結果になりました。

ニュージーランドには大手の通信キャリアが3社(Spark、Vodafone、2degree)あります。

そのうち、NZ株式市場に上場しているSpark社は、高配当の株式として投資家に人気があります。

画像:NZXサイトより抜粋

株価の伸びがパッとしないので、僕自身はこれまで投資対象としてあまり考えていませんでした。

しかし、今の世の中には絶対に必要な通信インフラを有している企業が、すぐに競争力や収益力を失うとは思えません。

また、通信状態が安定していて、かつ高速であれば料金が多少高くても構わないと今回の一件で感じるなど、通信サービスへの見方が一変しました。

現在のSpark社の株価は少し割高に感じますが、割安と考えられる水準まで下がったら投資して長期保有したい銘柄の1つになっています。

まとめ

海外生活でトラブルに遭遇すると、日本で同様のことを解決するよりも、手間や時間が余計にかかることがあります。

また、全国津々浦々にコンビニ網が張り巡らされていたり、お客様への過剰サービスが当たり前の日本と比べたら、海外で生活の不便さを感じるのは当たり前です。

しかし、だからといってニュージーランドでの生活に不満を覚えることはありません。

困った時には人と助けあったり、ここに無いものは別なもので代用するか、自分で作ればいいと考えています。

当たり前と思っているものが使えなくなれば、そのありがたみも身にしみて理解できます。

今回の一件では、カスタマーセンターと何度も電話で話すうちに、英語で電話をかけることに対する心理的な抵抗感がなくなりました。

さらに通信会社へ投資する上でのヒントも得ることができました。

海外生活に向いている人の条件を挙げるとすれば、不便さを楽しめたり、トラブルであっても日本では味わえない体験をしてみたいと思える人だと僕は考えています。

【過去記事】
過去の記事(2015年〜)はアメブロでも公開しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする