堀江貴文のブログでは言えない話

移住して実感したNZ生活に向いている人とやめた方がいい人の特徴

ニュージーランドに移住して、まもなく1年が経とうとしています。

これまでの生活で感じたことを思い起こしながら、NZ生活に向いている人とそうでない人について、独断と偏見を持って書きたいと思います。

「行けばなんとか」はなりません

どこの国でも移住はそうだと思いますが「行けばなんとかなる」という特攻精神はやめた方がいいです。

①英語でコミュニケーションができない
②現地で必要とされる職能スキルがない
③貯金はそれほど持ってない

この三拍子がそろっている人は、移住後メンタルに異常をきたす可能性が高いので、思い切った行動は避けた方が賢明です。

特に仕事が見つかると思い込んでいると痛い目を見ます。

英語ができなくても応募できる仕事の代表格は日本食レストランですが、せめてシェフでなければ生活していくのは大変です。

日本でパソコンを使った仕事をしているより、寿司を握っていた方が現地でよっぽど役立つことはよくあります。

現地のニーズが高いスキルを身につけている人は格段に仕事を見つけやすいでしょう。

住む場所は注意深く選ぼう

前にも書きましたが、NZは家のレント(家賃)が高いので、できるだけ安い物件を探してしまいがちです。

しかし、安い裏にはそれなりの理由があることを覚えておいた方が良いでしょう。

ただ、そんな偉そうなことをいう資格は僕にはありません。その安い家を借りてしまっているのだから。

ニュージーランドは治安が良いと言われますが盗難は日常茶飯事です。

僕が住んでいるエリアは気を緩めるとやられる雰囲気があるので、外出時の戸締りはしっかりします。

また近所の四方八方から、あらゆる「ノイズ」が聞こえて来るのも特徴です。

右隣り→大型犬が無駄に吠えまくる
右前方→夕方から大音量で音楽をエンジョイ
左前方→放送禁止用語を連発して怒鳴りまくる
左後方→子供達が庭やプールで全力で騒ぐ

唯一、前方の住人は静かなのですが、彼らはうちを何かのレンタル屋と勘違いしているのか、いろんなものを借りに来ます。

一昨日は土を掘るスコップを借りに来て、その後、車でどこかにいってしまいました。

彼らは出かけるとなぜか一週間くらいは帰ってこないので、スコップのレンタル期間はかなり伸びそうです。

こちらの人々は日本人のように「空気を読む」ということはあまりしませんので、鈍感力がある人の方が何かと都合が良いです。

歯の治療は日本でやっておく

ある時、奥歯の詰め物が取れてしまい、歯医者に行くことになりました。

日本であれば、迅速かつ安価にできる治療のはずです。

しかし、ここでは長い待ち時間をこらえ、高価な料金を受け入れる必要があることを思い知らされました。

予約が取れたのは希望日より二週間以上も先で、しかも時間指定はできません。

仕方なく担当歯科医の都合に合わせて予約をとり、その時までぽっかり空いた奥歯の穴は放置です。

毎食後、奥歯に詰まったものを掻き出す日々を凌ぎながら、ようやく迎えた治療の日。

銀の詰め物が取れたので「同じように治療して」とお願いしたら驚きの高額見積もり(約8万円)です。

仕方なくポピュラーかつ安価な方法で治療してもらいましたが、それでも200ドル(約1万5千円)もかかりました。

最もシンプルな治療でもこの価格です。本格的な治療をしたらいくらかかるか想像もつきません。

また、余談ですが、日本で治療した箇所がこちらの歯医者さんにとっては珍しかったらしく、先生が僕を標本がわりに使って助手にレクチャーを始めてしまいました。

歯の治療だけに限らず、日本の医療レベルの高さと保険の素晴らしさは世界屈指です。

具合が悪くなったらすぐに病院で治療できる安心を求める人にとって、日本は最高の国だと思います。

日焼けをなめちゃいけない

NZで外出する際、やらなくてはならない面倒なことがあります。

それは日焼け止めを塗ること。

ニュージーランドは紫外線量が日本の数倍あると言われており日焼け対策が欠かせません。

皮膚ガンの発症率も世界で最も高い国の1つで、そうした意味でもUV対策は大切です。

1〜2時間という短い時間でも、直射日光に当たり続けると肌が痛くなるので油断は大敵。

腕や足ならともかく顔周辺にシミができると老け顔一直線で、修復不能になります。

ただ、UV対策していても日焼けはしますし、シミもできやすくなります。

そうなりたくない人にとってはこの国は住みにくいかもしれません。

気軽に物は捨てれない

家電では数少ない移住荷物メンバー入りを果たした炊飯器

しかし、変圧器を使わずプラグをうっかりコンセントにさしてしまい、ただのオブジェと化してしまいました。

炊飯器となると気軽に捨てることができないため、今も収納の奥で静かに鎮座しています。

オークランドでは粗大ゴミの回収(Inorganic Collection)時期がありますが、以前はたしか忘れた頃にやってくるような頻度(2年に一度)でした。

リサイクルできない無機廃棄物はニュージーランドでは気軽には捨てられないのです。

日本の家電品を使う時は、必ず電圧を確認するという基本中の基本を怠らないようにすべきだと、あの象印を見るたびに思います。

家電は捨てられないだけではなく、使えないと非常に不便ですので、やっちまったでは済まされません。

機械系が苦手な場合、家電は現地でそろえる方がベターです。

日本の品質を求めない

日本ほど、モノやサービスのコスパが良い国はあまりありません。

だからと言って、海外に行って「日本と違う」「日本の方がいいね」を連発する人は、なるべく日本に留まっていてください。

ここではスーパーで売ってるものにカビが生えていたり、ロープウェイへ乗りこむ際に係員がいないなんて普通にあります。

「どういう商品管理をしているんだ!」「安全対策はどうなっているんだ!」といちいちツッコミを入れるような人は、おそらく神経が持ちません。

カビがあれば取り替えてもらえばいいですし、ロープウェイは注意しながら乗ればなんの問題もないのだから。

まとめ

書き出すときりがないのでこの辺で終わりにします。

注意点を書くつもりだったので内容がネガティブなことばかりになってしまいましたが、当然、NZが日本より快適と思うこともたくさんあります。

例えば、人付き合いするうえで上下関係を意識することは稀ですし、周囲からの同調圧力はみじんも感じません。

皆、思い思いの生活スタイルを貫いていて、それをとやかくいう人もいない、というか気にも留めない。

この国の人たちは皆「適度なゆるさ」を共有していて、社会の中に「ハンドルの遊び」のようなものがあるのを感じます。

日本社会が窮屈に感じるのは、生真面目な考え方がスタンダードになっていて「そこからずれることは許されない」と思い込んでいる人が多いからかもしれません。

色々な人を受け入れる寛容なニュージーランド社会は、日本が息苦しく感じる人にとっては居心地の良い場所に感じるに違いありません。

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

スティーブ・ソレイシィ著 大橋弘祐著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする