堀江貴文のブログでは言えない話

リストラを恐れる40代以上の会社員が選ぶべき資産収入とは

40代にとって刺さる記事が文春オンラインに掲載されてました。

Yahoo!ニュースにも出ていたので読まれた方も多いと思います。

(出所 文春オンライン

日本の会社員は40代で1回目の定年を迎える時代になったと、以前このブログでも書いています。

会社員の定年は何歳でしょうか? 65才?それとも人生100年時代だから70才? 自分をどこにでも...

終身雇用の希望がわずかに残っていた平成は終わりました。

令和の時代は、会社から不要と見なされると正社員でもあっけなくリストラされることを覚悟しなくてはなりません。

時代の変化についていけない者たちの末路

リストラ対象として40代が狙い撃ちされているのは、この世代の人口が多いことと時代の変化に対応できるスキルを持つ人が少ないことがあります。

彼らが社会に出た時には、ワープロというタイピングマシーンがまだ存在していました。

僕も社会人1年目に古いワープロを使って営業日報を書いた記憶があります。

その後、パソコンが普及したことでワープロは絶滅し、そのパソコンも今やスマホに主役の座を奪われています。

誰もがスマホを持つようになり、ほぼ全ての世代がネットに接続されている時代。

当然ながら各企業はネットに多額の広告費をつぎ込んで消費者を囲い込もうと必死です。

(出所 Yahoo!ニュース

新聞、雑誌、テレビ、ラジオの4大メディアはオワコンと呼ばれ、それはパソコン世代の40代も同じなのかもしれません。

『スマホ用のアプリなら作れるから任せて』

『グーグルアナリティクスの分析には自信があるよ』

『ウェブマーケティングだったら人に教えられるレベル』

こんなふうに言い切れる40代があなたの会社にどれだけいるでしょうか。

今後、AI(人工知能)・AR(拡張現実)・VR(仮想現実)などが気軽に使えるようになれば、スマホより便利なデバイスが登場するはずです。

これまで以上にデジタルクリエーターが必要となり、来年(2020年)からは日本の小学校でプログラミングが必修化されます。

時代が移り変わるスピードは加速していき、それに対応できない会社員はリストラされる。

また、会社に残れたとしても社内失業して亡霊社員となるのが落ちです。

自分で収入を作り出せればリストラは怖くない

これから先、どうやって生き抜いていけば良いのだろうか。。。

世の中のニーズに対応できるスキルを持ってる人であれば、とりあえず仕事はキープできるでしょう。

しかし、そのスキルも絶えずアップデートしていかないと、いずれ陳腐化して使えなくなります。

また、こなせる仕事量やスピードは加齢とともに落ちてきますし、会社が40代という年齢を条件にリストラするのであれば、スキルうんぬんの話ではありません。

一流企業が軒並み中堅社員をリストラしているのですから、会社の給料しか収入源がないのは危険と言っても過言ではないでしょう。

自分で収入を作り出すことが最大のリスクヘッジになり、これができれば人生を変えることができます。

”自分で収入を作るって、つまり副業するってこと?”

副業をするにしても稼ぎ方が大切です。副業で稼ぐある二人の例で説明します。

Aさんは、東京でウーバーイーツの配達バイトをして月5万円を稼ぎました。

Aさんの収入は配達(労働)の報酬だけで、それ以上の収入を得るには労働時間を増やさなくてはなりません。

一方、BさんはブログやYoutubeなどでオリジナルコンテンツを発信して月5万円を稼いでいます。

まとまった収入になるまでには相当な時間がかかるものの、一度作ったコンテンツは継続収入を生み出してくれます。

自分の代わりにお金を生み出してくれるものを『資産』と呼びますが、Bさんは資産を作ることに労力を注ぎ、そこから収入を得る稼ぎ方です。

資産が安定的に稼ぎ出すようになるとBさんが労働時間を減らしても収入は減りません。

自分のコンテンツ(資産)が積み上がっていくにつれ、楽に稼ぐことができるようになります。

副業で始めたコンテンツ収入が会社の給与を上回れば、会社員の方が副業になります。

僕も会社員時代は給料より不動産収入の方が多かったので、副業として会社員をしている感覚でした。

この状態になると会社のストレスは減りますし、リストラなんて怖くありません。

自分の労働で『誰』の資産が積み上がっているのか

会社員時代は日用品メーカーで商品企画を担当していました。

小規模な会社だったため自分が企画した商品に関しては、設計、発注、品質管理、在庫管理、販売営業まで何役もこなしました。

大手小売企業に納品された商品は日本全国で販売され、1アイテムあたり数百万円、トータルだと年間数千万円の売上になります。

ただ、僕がどれだけ努力して、商品どれだけ売れたとしても、会社員である僕の給料が増えることはありませんでした。

僕が得ていたのは商品の『ロイヤリティ』ではなく、『労働の対価』なので当たり前です。

一方、会社の収入は販売数に比例して増え、資産が積み上がっていきます。

商品がヒットすることで美味しい思いができるのは会社の株主であって労働者ではありません。

労働者は、株主の資産を積み上げるために使われるための『アリ』に過ぎないのです。

自分の資産を積み上げることに全精力を傾けよう

では、自分が積み上げるべき資産にはどんなものがあるのでしょうか。

Bさんが収入を得ていたブログやYoutubeなどのオリジナルコンテンツはその1つです。

文章や動画をウェブ上にアップロードするのは低コストでできますし、スマホさえあれば誰でも始められます。

当ブログも投資や海外移住など超マイナーテーマを扱っているにもかかわらず、わずかですが広告収入を生み出しています。

他に例をあげるとすれば不動産賃貸がわかりやすいかもしれません。

毎月家賃の入金があり、物件価値も毎年のように上がっているので、含み益が積み上がっていってます。

配当収入と株価の値上がり益が積み上がっている株式は不動産と似た状況です。

移住後に始めたビジネスについては、顧客が増えることで自分の会社に売上と信用が少しずつですが積み上がりました。

『自分の資産』を積み上げることに全精力を傾けると、そこから継続的に収入を得ることできるようになり、結果、会社にぶらさがらなくても生きて行けるようになるのです。

まとめ

40代で会社員を辞めましたが、入社時から退職後のことをイメージして働いていました。

会社員として定年まで働く気持ちはさらさらなく、個人で働いて暮らしていこうと決めていたからです。

そのためには自分で収入を生み出す必要があり、会社員時代は資産を買ったり作ったりすることに自分の時間のほぼ全てを使いました。

今は本業と副業の区別をつけずに働いていて、それが経済的に最も安定する生き方のように思います。

ただ多く人の場合、会社員として働く方が安定収入を得られるわけで、しがみつけるならそのほうが良いのでしょう。

しかし、会社員として稼げる賞味期限は確実に短くなっていることは覚悟すべき事実です。

会社で稼げなくなった時でも収入を生む資産が自分にあれば、人生のハンドルは自分で持つことができます。

そしてその資産選びの条件は『着実に積み上がっていくもの』にかぎります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする