海外で『自分探し』が止まらなくなったらコンプレックスを解消すべき

自分探しをしていた20代の頃

大学を卒業後、数年働き、30歳を目前にすると、

『自分の人生ってこのままでいいのかな』

そんな考えが芽生えて自分探しの旅に出る。。。

これまでにそんな人たちと、たくさん会って来ました。

その中で果たしてどれだけの人が『本当の自分』を見つけられたのでしょうか。

実は、過去に僕も似たような経験をしました。

なので、そうした人たちの気持ちも理解できる気がします。

”自分”探しをした結果、”仕事”探しで苦労する

日本にいたら、

・出会わなかったような人

・経験できなかっただろう事

そんな非現実に思える体験を海外ではできたりするので、何か新しい人生を見つけた気になったりします。

しかし、実際の暮らしぶりは、

”旅行者以上、永住者未満。。。”

海外で中途半端な生活を続けすぎると、人生の選択肢が狭まってしまうことがあります。

僕は、20代後半を海外で過ごし、30代前半に日本に帰国しました。

ろくに稼げていないのに海外生活をしていることで満足感を得る。

20代の頃はよかったのですが、30歳を過ぎてから焦り出した感じです。

そして結局、

『元のホームグラウンドの日本に戻って稼ごう』

そう考えて帰国。

ところが、描いていたイメージとは違って、現実は甘くありませんでした。

求人先で欲しがってるキャリアやスキルがないと、30代の新人は単純に扱いにくいだけ。

採用してもらえる会社がなかなか見つかりません。

人手不足の業界なら仕事はあったりしますが、

・労働時間が長く、休みが少ない

・厳しい仕事に耐えらえる体力が必要

・給料が圧倒的に安い

というような条件での労働になります。

自分探しをした結果、結局、自分は見つからなかった。

その上、仕事探しで苦労する。

そんな結果になっていました。

周りに責任転嫁をすると自分探しの誘惑に負ける

人はどうして自分探しをしてしまうのでしょうか。

・理想の自分

・現実の自分

個人的にはこのギャップから生まれるように思います。

理想が高いことは決して悪いことではありません。

ただ、自分の人生がつまらなく感じるのは、

”自分が悪いわけではなく自分がいる『環境』のせいだ”

そんなふうに考えてしまうと、どうしても”自分(別の環境)探しの誘惑”にかられてしまいます。

自分探し撲滅に効果的だった方法

では、自分探しをしないためにはどうすれば良いのでしょうか。

自分探しの原因が『理想の自分』『現実の自分』のギャップだったとしたら、そのコンプレックスを埋めるのが効果的です。

僕の場合は、思うように稼げない自分(現実)が嫌だったので、それを埋めることにしました。

休みをとらずに働いて稼ぎ、さらに稼いだお金で投資をする。

とにかく夢中で何かをしていると暇な時間が全然なくなります。

その結果どうなったのか。

自分探しどころではなくなり、理想の自分を妄想する機会がなくなりました。

自分が感じる幸せも探すものではなかった

『自分探しをしなくなった後はどうなったの?』

稼ぐことに一生懸命になったことで生活は楽になりました。

しかし、幸福感をそれほど実感できません。

『快適さ=幸せ』

そうならないことに気づいたので、不便でもいいから住みたいと思う場所に住もうと考えました。

それが今住んでいるニュージーランドです。

海外での暮らしは日本と比べて不便なことが多々あります。

ただ、不便さを工夫して乗り越えられたときに、幸せを感じたりする。

結局、自分を探しても見つからないように、幸せも探すものではないのかもしれません。

自信が持てるようになると自分探しはしなくなる

自分探しを全否定するつもりがないのは、今の幸せな生活が、結果的に自分探しの延長線上にあるからです。

”自分探し(理想を追い求めること)はしてもいい、ただ、そのあとに現実と向き合って乗り越えればいいんじゃないか”

そう思います。

『でも、なりたい理想の自分がわからない場合もあるよね』

その場合は、まずコンプレックスに感じていることを考えてみてはどうかと思います。

僕にはたくさんのコンプレックスがありました。

・異性にモテない自分

・英語がうまく話せない自分

・結婚したのに稼げない自分

この中で最大のコンプレックスは稼げない自分。

稼ぐことに集中してコンプレックスを乗り越えた時、自分に自信が生まれます。

すると、理想の自分を探す必要がなくなり、いつしか、自分探しをしていたことさえ忘れていました。

まとめ

自分探しをする人は今も昔もたくさんいて、過去に僕も経験しました。

ただ、それは自分の人生に対する不満を責任転嫁して、別の世界に理想の自分がいると考えていただけです。

海外に出て暮らしてみてもホントの自分など存在せず、結局、何も見つからないまま日本に帰国しました。

自分探しをしなくて済むようになったのは、コンプレックスを乗り越えて、自分に自信が持てるようになってからです。

理想の自分を追いかけるな、と言っているのではありません。

理想を追い求めるなら、コンプレックスに感じている現実に立ち向かう必要がある。

逆に、現実から逃げて自分探しを続けていると、人生の迷路にはまってしまいます。

早めに気づく方がその後の人生がうまくいくような気がしてなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする