日本政府の100年安心は嘘?自分年金で老後の心配は不要になる

先日の日曜日(6月16日)に東京の日比谷で行われた「年金返せデモ」。

このデモを巡ってホリエモンが、

『ほんとそんな暇あるなら働いて納税しろや、税金泥棒め』

とツイートしたことで炎上騒ぎとなりました。

年金問題は思った以上に根深かったようで、まだ収束しきれていない感があります。

冷静に考えればここまで騒ぐ必要はないはずですが。。。

政府は年金を盗んではいない

『年金を返せー!』

そういう人たちは、自分が積み立てたお金が将来リタイヤした時に戻ってくると考えているのだと思います。

実際は、高齢者に支払われているだけで、積み立てられているわけではありません。

ですので、政府が年金を盗んでいると考えるのは誤りです。

ホリエモンが、

『誤解して政府を批判しても何も始まらない』

とツイートしていますが、まさにその通りです。

年金100年安心は作り話だった?

年金制度は100年安心。。。

そもそも誰がこの発言をしたのでしょう。

さかのぼること15年前の2004年。

年金を所管する厚生労働省の坂口大臣が、

『100年安心にしていく”案”を作った』

と発言しています。

しかし、それに続く言葉として

『それに向かって政策努力を重ねていくことが課題である』

とも述べている通り、100年安心を”約束”したわけではありません。

また、年金だけのことではなく、”社会保障全体”について発言したとも考えられます。

これを野党やマスコミがあおり立てた結果、『年金100年安心神話』が作り出され、

結果的に、国民に誤解を招くこととなってしまいました。

老後資金2000万円もあおられて問題に

僕の親はすでにリタイヤしていますが、国民年金なので年金だけではとても生活できません。

妻の親の場合は、亡くなった義父が教師だったため遺族年金を受給しています。

ただ、それだけだと生活がカツカツだそうで、個人でかけていた年金もあるから普通に暮らせていると言ってました。

そもそも日本社会は生活費以外に冠婚葬祭など、人づき合いにもお金がかかります。

年金だけで老後を乗り切るのが大変なのは常識のはずです。

なので、金融庁に、

『それなりに個人で老後資金を用意しておいた方がベターですよ』

と言われても、

『そうだよね』

と納得できます。

しかし、野党やメディアがあおることで大きな問題のように扱われ、挙げ句の果てにデモまで起こってしまいました。

このことが騒がれることで喜ぶのはいったい誰なのでしょうか。

まず思いつくのは、与党の足をとにかく引っ張りたい

『野党の人たち』

政治の駆け引きに国民はうまく乗せられてしまっているのです。

時間がもったいなので、もうつきあわない方が良いのではないでしょうか。。。

老後資金2000万円の根拠は単純な計算

とはいえ、今回の問題で年金に対する不安が増してしまったという人も多いと思います。

そもそも2000万円なんていきなり大きな金額を出されたら、びっくりして思考停止してしまうのも無理はありません。

まず、この『2000万円の根拠』を確認してみます。

<現在の高齢世帯の収入と支出>

収入:20万9198円

支出:26万3718円

差額:ー5万4520円

(出所:総務省 家計調査)

総務省のデータで、高齢者世帯が毎月5万5千円くらい赤字になっている実態がわかりました。

1年間の赤字:5万5千円 × 12ヶ月 = 66万円

老後30年間:66万円× 30年間 = 1980万円

このシンプルな計算で老後に2000万円足りなくますよ、としたわけです。

金融庁もこんなにも問題になるなんて全く想像できなかったでしょうね。

ホントは2000万円では足りない?

上の計算には、将来の不確定要素は全く加味されていません。

『不確定要素って?』

例えば、物価が上昇すれば支出は現在よりもっと増えるはずです。

また、年金支給が減額されたら収入は減ってしまいます。

現在の公的年金の給付水準は、

『月19万円』

しかし、団塊ジュニア(1970年代前半生まれ)の人たち以降は、『月15万円くらい』まで下がることが予測されています。

仮に物価変動がなかったとしても、高齢世帯の家計は毎月10万円近くも赤字になる計算です。

『えっ?足りないのは2000万どころじゃないってこと?』

何もしなければそうなるでしょう。

物価が上がると老後の支出は増える

日本は世界中から大量の物資を輸入しています。

輸入品目輸入相手国   
石油サウジアラビア、UAE、カタール、クェート等
天然ガスオーストラリア、マレーシア、カタール、ロシア等
衣類中国、ベトナム、バングラディッシュ等
大豆アメリカ、ブラジル、カナダ等
小麦アメリカ、カナダ、オーストラリア等

そして、その輸入相手国の物価は年々上がっています。

<世界主要国の物価上昇>

(出所 日本と世界の統計データ IMF調べ)

中でも中国の物価は以前と比べ物にならないくらい上昇しています。

僕が一昨年まで勤めていた日本の会社も生産工場があるのは中国でした。

しかし、その時すでに人件費や材料費などの原価が高騰。

日本で販売する商品の価格維持はもう限界でした。

生産拠点を中国よりコストが安い東南アジアやバングラディッシュに移せば問題が解決するかといえばそうでもありません。

そうした国も中国同様、『インフレしている』からです。

為替で円が強いうちは良いですが、円安になれば物価は一気に上がる可能性があります。

消費増税も追い討ちをかける

今年10月に消費税が8%から『10%』へ増税されることが予定されています。

財務省の五十嵐副大臣によると、

『高齢者を含めて国民全体で広く負担する消費税が、高齢化社会における社会保障の財源にふさわしい』

とのこと。

そうなると、社会保障費の増加と連動して、消費税も増税されることが考えられます。

『2025年までに基礎的財政収支を黒字化するためには、消費税を17%〜19%まで引き上げなければならない』

と、第一生命経済研究所は試算しています。

そこまで急に増税されないまでも、消費税が10%で打ち止めにならないことは、ほぼ確実のようです。

発想を変えて自分で稼ぐことを考える

『年金支給額が減る上に、支出が増えたら大変。どうすればいいの?』

会社員をしていた時は、

『お金は誰かからいただけるもの』

という意識でした。

しかし自営業になった今は、

『お金は自分で稼ぎ出すもの』

という考えに変わっています。

お金が足りなくなって何もしないでいたら間違いなく生活は困窮します。

一方、自分で稼げるようになれば、年金で振り回されることはありません。

『簡単に稼ぐっていうけど、高齢者になったら稼げないかもしれないでしょ』

確かにそうですね。

でも、それなら今から稼げるように準備しておけば良いことです。

個人的には長く続けられる投資をおすすめしています。

ごまかしても海外から指摘された老後資金問題 老後資金2000万円問題をまだ引きずっている日本。 金融...

しかし、それ以外にも個人が稼ぐ手段は色々とあるはずです。

僕の妻は、

『私はITドカタだわっ!』

と文句を言いながらもネットで稼いでいたりします。

日本の年金はほぼ受給できない彼女に言わせると、

『年金のことを心配するより、もっと稼いで楽しく暮してやるっ!』

頑張ってITスキルが上がれば、彼女の収入は増えるはずです。

まとめ

日本の老後資金問題はほとんど意図的に作り上げられたものでした。

ただ、将来を考えるきっかけを多くの人に与えたのは確かです。

僕を含め団塊ジュニア世代以降の人たちは、

・年金受給額の減額

・物価高

・増税

将来的にこれらが待ち構えていることが予想されます。

2000万円は控え目な数字であって、現実的な計算をすればその倍くらいは必要です。

ただ、それはあくまで無策でいた場合のケース。

個人で稼げるようになっていれば、過度に老後を悲観する必要はありません。

これからも老後の安心を政府が与えてくれることはないでしょう。

僕と妻の職歴では、日本の年金はほとんどもらうことができません。

しかし、自分で年金を作り出す方が、よほど安心できる老後になると考えています。

そして、実際に投資や個人で稼ぐ生き方にシフトしました。

同じように考えて『自分年金づくり』をする人が増えたら嬉しい限りです。

いちばんわかりやすい 60歳で2000万もらうiDeCo年金のはじめ方(梶田洋平著)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする