【社畜卒業】40代で海外移住を決断して人生を劇的に変えたわけ

団塊ジュニア世代の半分以下の出生数

今からさかのぼること40数年前の1970年代

子供の出生数が、毎年200万人を超えていた時期があります。

このときに生まれた人々は団塊ジュニア世代と呼ばれ、常に同世代との激しい競争にさらされました。

昨年6月に日本の厚生労働省が発表した人口動態統計によると、2017年に日本で生まれた子供の数はおよそ94万人

団塊ジュニアの半分以下という少なさは過去最少を更新し、さらに前年比3万人超減という記録は12年ぶりだそうです。

人口減少傾向はこれから先も続いていくことが予想されています。

およそ10年後の2030年には全都道府県で人口が減少し、さらに2045年の総人口は今よりもおよそ2000万人も減少すると、国立社会保障・人口問題研究所が発表しています。

内需あっての日本経済

日本は円安になると輸出企業が潤って経済がよくなるイメージがあります。

しかし実は日本の貿易依存度は3割以下で、経済のメインエンジンは国内需要です。

消費が盛んな子育て世帯は減少している一方で、高齢者は増え続けています。

日本の高齢化率(27%/2017年)は世界で最も高く、国民全体に占める高齢者の割合は四人に一人をすでに突破しました。

国内需要が伸び悩むことは誰の目にも明らかで、多くの日本企業は海外市場に目を向けなければ将来的な成長は見込めません。

「今でも子供は少ないし、それでも景気が良いから人手不足が起こっているんでしょ」

確かに日本の景気は戦後最長の可能性があると政府は発表しています。

人手不足と人手過剰が共存している

労働市場で人手不足と騒がれているのは、建設や運輸、介護など特定の業界に絞られていて、全体的に人手が不足しているわけではありません。

一般事務や会計などの仕事の求人倍率は1倍未満「人手あまり」の状態です。

企業も不要な人員を抱えている余裕はありません。

体力のあるうちにリストラを進めようと躍起です。

メガバンク、電機大手、製薬メーカーなど名だたる大企業が、千人単位や万人単位でリストラしています。

早期退職制度を受け入れるよう促されているのは、主に40代以上の人たちです。

受験戦争と就職氷河期のダブルパンチを味わっている団塊ジュニアは、ここへきて3発目のリストラパンチを食らう立場になっています。

会社を辞めて新たな職場に転職する場合、年齢が高いほど即戦力として結果を求められます。

一方、前職と同程度の待遇を得られる人は稀で、多くはオファーされるがまま、ありがたく働かせていただくしかありません。

理想の未来よりも今の方が大切

団塊ジュニア世代の僕も、転職をいくつか経験しました。

無職の時は気味になり、毎日ぼーっと過ごすこともありましたが、幸い妻の支えがあって立ち直ることができました。

人生を1日の時間に例えると、40代はもうとっくに昼の12時を回っています。

感覚的にはもう午後3時に近く、うかうかしてると日が暮れる、、、。

そう考えたのは、仲良くしていた叔父がきっかけです。

叔父は、「孫が二十歳になるのを見届けるまで長生きしていたい」とよく話していましたが、60代半ばであっけなく亡くなってしまいました。

理想の未来ばかり追いかけてると、今できることを犠牲にしてしまいます。

それを気づかせてくれたのが叔父の死だったように思います。

感情が老化する?

会社と家をひたすら往復し、仕事のことしか話題がない。付き合う人も会社がらみ。

感情のコントロール機能や、自発性、意欲、創造性が衰えてしまうことを「感情が老化する」というそうですが、ほんの1年ちょっと前まではそんな状態でした。

会社を辞める決意をして、その意思を伝えた時、会社は引き留めてくれただけでなく、昇進の提案までしてくれました。

しかし、これ以上先延ばしをすると、自分の人生でやるべきことができなくなる、、、

予定通り退職をして、その後ニュージーランドへ渡りました。

この街で暮らし始めてからしばらくは毎日が必死で、今も苦労は絶えません。

ただ、街の人たちと何気ない会話ができたり、ちょっと親切にしてもらったりするだけで、その辛さは消えて、また頑張ろうという気になります。

年老いた感情はここに来てから若返っているように感じます。

まとめ

人を雇う側と雇われる側、両方の経験があるのでわかるのですが、あなたが会社にいくら尽くしたところで、会社はそれほどあなたを必要とはしていません

あなたの代わりはいくらでもいて、会社は問題なく回ります

定年後の夢を持つのも結構ですが、気力や体力が減退すればできないことも増えてきます。

自分の人生で望むことがあり、それをできるだけの力があるのなら早くやるべきです。

40代になってもできなければこの先もできる可能性は低く、結果、後悔だけを残して人生が終わるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする