堀江貴文のブログでは言えない話

結果を左右したのは行動の早さ?貯金ゼロからNZで家を買うまでの軌跡

初めてニュージーランドに来たのは20代後半の時です。

当時は「自分で人生の道を切り開かなくては」との思いが強く、海外で何かきっかけを掴みたい、ということしか頭にありませんでした。

その後、七転八倒しましたが、結果的に今こうしてニュージーランドで暮らしているわけですから、あの決断は間違っていなかったと思っています。

ただ、決断がもう数年遅かったら、いま何をしているか想像もつきません。

人生において、決断は早い方がいい。そしてすぐに行動した方がいい。

そのことを、これまでの人生を通じて教わった気がします。

若かった年齢が永住権取得の一因

早ければなんでもいいのか、と反論されそうですが、それでも早い方がいいです。

そう考える根拠を挙げるとすれば、まず思いつくのが永住権の取得

ニュージーランドに渡るのが仮にあと2〜3年遅ければ、おそらく永住権を取得するのは難しくなっていたはずです。

ある国が外国人に永住権を与える際に「若ければ働く期間も長くなる分、国に貢献してくれるだろう」と考えるのは当然です。

当時、ポイントギリギリで永住権を申請した僕にとって、年齢によって得られるポイントは決して無視できるものではありませんでした。

永住権が取れなければ、もっと早く日本に帰国をしていたはずで、この国で出会った妻と結婚することもなかったでしょう。

また後述しますが、永住権を取得しておいたことで、家を買う際の住宅ローン申請に役立つことになりました。

体力・気力がある時でなければ稼げない

永住権取得から2年後、将来への不安からニュージーランドから日本に帰国することを決めました。

就活では年齢がネックになるので、帰国するならできるだけ早い(若い)方がいいです。

当時は貯金がゼロだったため妻の実家で居候させてもらいました。

日雇いで食いつなぎながら稼げる仕事を探しましたが、ふつうに考えて、ガンガン稼げる仕事が楽なわけはありません。

そしてようやく見つけた仕事では研修期間中の睡眠時間が平均2〜3時間/日

人生で初めて「立ったまま眠る」という経験をしたのはこの時です。

業務委託契約だったため勤務日数や労働時間にしばりはなく、研修後は3年無休で仕事をこなしました。

自ら望んだ仕事ではあるものの、肉体的、精神的にキツイときもあります。

そこを乗り切れたのは30代前半の体力があったからで、あと数年遅ければ研修の時点で辞めていたかもしれません。

この仕事を全うできた結果、普通の仕事では絶対無理な金額を稼ぐことができました。

タイミングは待ってくれない

今から10年ほど前、2008年9月にリーマンショックが発生します。

前年の2007年に$1=90円を超えるなど高騰していたNZドルは、この経済事件をさかいに急落します。

そして、半年後の2009年2月。NZ1ドルは、ついに50円を割り込んでしまいました。

いまから見れば、この時がNZドルを買う絶好のタイミングだったとわかります。

しかし当時は、急降下するNZドルを買うのは危険で、崩壊しそうな橋を渡ることに近い感覚だったと思います。

為替の素人である僕にとってもリスキーなのはわかりましたが、今買わなければ後悔すると思い、手持ちの日本円をほぼ全部使ってNZドルを買いました。

結局、NZドルは45円近辺で底を打ち、その数ヶ月後であっという間に60円台を回復します。

少し待ち続けている間にNZドルはすぐに値を戻してしまったので、タイミングを逃さず動くことが大事なことを学びました。

ぐずぐずしてたら取り返しがつかない

ニュージーランドに初めて家を買ったのは2012年です。

この時はまだ、オークランドの住宅価格も今のように「メチャクチャ高い」というわけではありませんでした。

ノースショアでも30万ドル〜40万ドル台で買える家がまだあったのです。

出典:Real Estate Institute-HPI Index

ただ、値上がりの兆候は現れ始めていた頃でもありました。

家を買ったのは決して値上がりを期待したわけではありません。

当時はまだ日本に住んでおり、将来的にニュージーランドで住みたいと考えていただけでした。

本気で家が買えるとは思っておらず、不動産屋の人と一緒に物件を見て回るうちにその気になったのです。

今と比べれば当時の家は安く思えるのですが、それでも気軽に買えるような金額ではありません

また、日本でも住宅ローンを組んだこともないのに、ニュージーランドの銀行でお金を借りて家を買うなどイメージがつきませんでした。

さらに、買った家には住まず、賃貸に出すわけです。

賃貸経営の経験など全くなく、一体何をどうすれば良いのかすらわかりません。

それでも買うと決めてから銀行へローンの申し込みに行き、つたない英語でなんとか乗り切って数ヶ月後には家を買ってしまいました。

賃貸の方は現地の管理会社を紹介してもらって、良いテナントを見つけてもらうことができたのです。

あの時、怖じ気ついて家を買っていなかったら、そのあとはもう買えなかったと思います。

というのも家を買ってすぐオークランドで不動産ブームが起き、3〜4年で住宅価格が倍近くまで跳ね上がってしまったからです。

まとめ

もちろん、早く決断したこと全てが良い結果につながったわけではありません

もう少し慎重に考えていたらということもありました。

ライバル過多のビジネスに手を出して大火傷をすることもなかったでしょうし、薄給の会社へ入社し、コキ使われて腰痛に悩まされることもなかったと思います。

ただ、人生に失敗はつきものです。

やれることをやらなかったことの方が失敗であるとすら考えています。

成功を掴むためには行動しなくてはならず、成功の確率を挙げるには早く行動することです。

無一文状態だった僕がNZで家を買うまでにしたことは説明した通りです。

①20代のうちに早く永住権を取得した
早く帰国して体力があるうちに働いて稼いだ
③NZドルが暴落しとき素早く買った
④家を買うと決めて早めにローンを申し込んだ

早く行動することを繰り返したのが良い結果につながりました。

決して難しいことではありません。

マインドを少し変えるだけで誰でもできるはずです。

【過去記事】
過去の記事(2015年〜)はアメブロでも公開しています。

【オススメ本】
嫌われる勇気 岸見一郎著 古賀史健著
主に対人関係についての内容ですが、自分の人生を生きようと思うきっかけになりました。皆んなと逆の行動をするときには自分の中にもネガティブな敵が現れます。そんな時は、流されない勇気が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする