「猫を飼えなくなる」ってホントなの!?NZの環境保護団体が世界に伝えるメッセージとは!

ペットで猫を飼う人が増えている日本

日本では、ペットとして犬よりも「猫を飼う人が増えている」というニュースを見たことがあります。

一般社団法人ペットフード協会の調べで、ペットとして飼われている猫の数は約950万匹。

一方の犬は約890万匹で、猫が大幅に犬を上回っているそうです。

猫はしつけと散歩の点で犬より負担が軽いと言われています。

また、マンションに住む人が増えているなど、日本人のライフスタイルの変化にもあっていることが、猫を飼う人が増えている理由に挙げられています。

ペットで猫を飼うことを禁止する理由

ニュージーランドの南端に、遠い昔「ゴールドラッシュ」で繁栄したインバカーギルという街があります。

そのオマウイ地区で実施されるかもしれない「猫に関するある計画」が、いま世界から注目を浴びています。

それは「飼い猫禁止計画」です。

環境保護機関、Environment Southlandが提案している政策で、仮にこの計画が実行されれば、飼っている猫が死んだ後、オマウイの住民は新たに猫を飼うことはできません。

一見、理不尽にも思えるこの計画は、なぜ作られたのでしょうか?

その背景には、多くの昆虫や爬虫類、鳥や哺乳類などの在来動物が、猫によって殺されてしまっているという深刻な問題があります。

可愛い猫が在来動物の天敵となっている

ニュージーランドでは、猫を飼っている人はとても多く、その数はおよそ140万匹。

1.8軒あたり1匹というとても高い割合(参考:Wikipedia)です。

一方で、猫の外出を管理しているNZ人(または家庭)を私は知りません。

野良猫や自由に出歩く飼い猫が、自然の生態系に及ぼす影響は、すでに見過ごせるレベルではなく、今回の計画は「歯止めをかけるために必要な措置」であるとのこと。

環境保護の研究者によると、猫は「世界で最も侵襲性が高い動物」の1つに数えられており、猫によって絶滅した動物は世界で63種にものぼっています。

NZの国鳥キウイバードにとっても猫は「天敵の1つ」で、人間による保護活動がなければ絶滅の危機から逃れられません。

キウイだけではない絶滅に瀕する固有動物

NZにはキウイバード意外にも、タカヘ・ウェカ・カカポなどの固有の鳥たちが住んでいます。

彼らはキウイ同様、飛ぶことができず、天敵に襲われた時に逃げる術が限られています。

人間が持ち込んだ外来哺乳類がいる生態系の中で、弱者の彼らが生き延びることは厳しく、個体数は減少の一途をたどっています。

隣国オーストラリアも対策に乗り出している

この状況は、隣国のオーストラリアでも同じようです。

猫によって殺されている在来種の動物たちは年間何百万にものぼり、当局はその対策に追われています。

夜は猫を家の外に出さない、去勢の義務付け、猫を飼える数を制限するなどの対策を打ち出し、中には野良猫に「懸賞金」をかけるなど過激な自治体もあるほどです。

本当の悪者である人間たちが果たすべき役割

ただ、こうしたニュースを見ていると、猫が一方的に「悪者」にされているように思えてなりません。

今回の計画に含まれている猫以外の駆除対象の動物(クマネズミ、オコジョ、ポッサムなど)がニュージーランドに住み着いた原因は人間です。

もしも動物たちが話せるとしたら、「人間こそが害獣」だと訴えるに違いないでしょう。

ただ、そうは言っていても仕方ありませんので、人間は今できる役割を果たさなくてはなりません。

それが自然の生態系をバランスよく維持させるための方策です。

猫飼い禁止計画が世界に伝えたメッセージ

実は、ペットとして猫を飼う人が増えている傾向は、世界中で広がっています。

世界でも最もペットの数が多いアメリカでも、猫が犬を上回っており、その数はおよそ7400万匹と桁外れです。

今回の計画は賛否両論ありますが、世界中のペット愛好家たちに問題を提起したという点でも大きな意義があります。

まとめ

ロトルアにあるレインボースプリングスでは、絶滅が危惧されるキウイバードの保護と人工孵化の取り組みを行う専用施設を見学することができます。

また、夜間の営業時間中には、キウイバードが餌を探し回る様子を柵越しで(ガラス越しではなく生で)見る貴重な体験ができます。

日中利用された入場券は夜間営業時間も使えますので、捨てずにお持ちになる事をおすすめします。

ペットを飼い主がきちんと管理し、増えすぎた外来動物をコントロールできたとしたら、いつか、このキウイバードの保護施設が必要なくなる日が来るかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする