ニュージーランド産キングサーモンの美味しさの秘密とは!

日本とNZのサーモンは種類が違う?

今や、世界中で愛されている日本食。

中でも「お寿司」は日本食の代表格と言ってもいいのではないでしょうか。

ニュージーランド人もお寿司は大好きです。

とてもポピュラーな食べ物として定着しており、飲食店が並ぶ通りやフードコートなどへ行けばお寿司のお店を必ず見つけられます。

ただ、日本とちょっと違うと思うのは「主役のネタ」

どの店でもマグロはあまり見かけません。

代わりに主役を張っているのが「サーモン」です。

「サーモンは日本でもよく食べてますよ」という声が聞こえてきます。

日本で主に出回っているのは、白鮭、銀鮭、紅鮭、アトランティックサーモン、トラウトサーモンの5種

NZ産のキングサーモンとは違う種類です。

キングサーモンは美味しいだけじゃなく体にもいい

キングサーモンは世界的に見ると「希少種」で、その供給を支えているのがニュージーランド。

キングサーモンの世界流通量の半分以上は実はニュージーランド産なのです。

NZ産のキングサーモンは、肉厚でしかも脂がのっているのでとても美味しく感じます。

脂肪含有量(3割弱)は他種のサーモンよりも多く、口に入れるととろけるような口当たり。

その割にくどく感じないのが不思議です。

さらに、美味しいだけではありません。

NZ産キングサーモンには「オメガ3脂肪酸」が、アトランティックサーモンやトラウトの2倍以上も含まれているんです。

オメガ3脂肪酸は、人が体内で十分につくることが出来ないため食事から摂取しなければならない必須脂肪酸と言われるもの。

サプリメントに興味のある方なら「EPA」や「DHA」などの表示がされている商品を見かけたことがあるかと思います。

オメガ3脂肪酸にはEPAやDHAが含まれており、血液をサラサラにして血行を良くしたり(心臓病の予防)、アレルギーの緩和、肌のシミなど美肌効果など、健康によい成分として知られています。

養殖が難しいキングサーモンがNZで可能な理由

キングサーモンはとてもデリケートな魚で、水がきれいな場所にしか生息しておりません。

そのため養殖することが難しく、世界で養殖されているサーモン(鮭)のうち、キングサーモンの割合はなんと1%以下。

キングサーモンの養殖に成功しているニュージーランドは、その水の清らかさが証明されているということになります。

NZのキングサーモンの半数以上を養殖している地域は、南島のマールボロサウンズです。

この地にあるのが、キングサーモン養殖シェア世界一の「ニュージーランドキングサーモン社」。

養殖しているキングサーモンは「オーラキング」というブランド名がつけられ、世界中に輸出されています。

日本でも三つ星レストランや割烹料亭など高級飲食店でオーラキングは使われているとのこと。

「オーラ」とは先住民族マオリの言葉で「健康な」という意味です。

オーラキングとなるキングサーモンの孵化場は、毎秒約1万4千リットルの湧き水が流れ込むワイコロププ・スプリングスのそば。

ワイコロププ・スプリングスは、水平透明度が62メートルと測定されており「世界一きれいな水」と呼ばれています。

孵化後は、栄養豊富な潮が流れ込む広々とした養殖場に移されて、野生のキングサーモンと近い成長過程で育てられます

オーラ(健康な)という名前には、魚を健康に育てるという会社の強い思いが込められているように感じます。

ニュージーランド旅行の際はぜひご賞味あれ

実際に食べてみると、日本で食べるサーモンとNZ産キングサーモンとの味の違いがよくわかると思います。

日本の仲卸業者のサイトで見つけたオーラキングの価格は2680円/kg(税込)でした。

これは「業務用価格」なので、飲食店でお料理として出されるともっと高くなるのでしょう。

オーラキングではなくても、ニュージーランドのキングサーモンは恵まれた自然環境の中で育てられているので、サーモン特有の臭みがなく、しかも嬉しいことに値段が手頃です。

ニュージーランドを旅行される際は、ぜひ一度召し上がってみていただきたい「NZグルメ」の1つです。

そうだ! ニュージーランド行こう! ~52歳フツーの主婦がニュージーランドひとり旅で見つけた大切なこと~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする