NZの紫外線量は日本の7倍!UV対策すべき意外な体の場所とは

紫外線が非常に強いNZとその対策

『ニュージーランドの紫外線量は日本の7倍』

なんてことを聞いたことありませんでしょうか?

「日本」と一言でいっても、北海道と沖縄では紫外線量は1.5倍くらい違うので、正確な比較はできません。

ただ、ニュージーランドの紫外線量が多いのは確かで

曇り空でも紫外線の約8割は地表に到達する

ということなので油断大敵です。

まずは日焼け止めを塗ること

では、ニュージーランド旅行中の「UV対策」はどうするのが良いのでしょうか?

気温が上がればどうしても薄着になりますので、肌が陽にさらされてしまうことは避けられません。

日焼けをできるだけしないようにするために、第一にすべきことは、

「日焼け止めを塗ること」

日焼け止めは、普段使っているものを日本から持参されても良いですし、忘れてしまっても現地の薬局やスーパーで購入できます。

SPF数値と肌への負担

日焼け止めを選ぶ際には、商品に表示されている「SPF」という指標を確認してください。

SPFとは「サンプロテクションファクター」の略語

肌を日焼けから守ってくれる強さを意味し、SPFの後に表示されている数値が大きいほど日焼け止め効果が高くなります。

例えば「SPF30」は、

肌が日焼けするまでの時間(通常15分〜20分)を30倍遅らせる効果がある

という意味になります。

紫外線が強いNZでは、より効果が高い効果が期待できるSPF50(約12〜16時間)またはSPF50+などを選びたくなります。

しかし、

SPF数値が高い日焼け止めは、肌への負担が大きくなる

この点を十分にご注意ください。

日焼け止めは落ちてしまうこともある

なお、日焼け止めは肌がこすれると落ちてしまうことがあるので、一度塗ったら大丈夫という訳ではありません。

落ちてしまったかもと感じたら塗り直すことも大切

また、海や川で遊んだり、汗をかくようなアクティビティをされる場合は、耐水性の商品かどうかをチェックしておくことも必要です。

紫外線の強さは場所や時間帯で異なる

紫外線は1日の中で強さが変化します。

最も注意すべきは、陽が高くのぼる日中の時間帯です。

NZ健康促進局のウェブサイトSun Smart」ではNZの都市ごとに、UV注意報と注意すべき時間帯を確認できます。

例えば、Sun Smartの地図上で都市名をクリックすると、下の画像のように日焼けを注意する時間帯が表示されます。

(出所 Sun Smart)

この時間帯に外出する場合は、日焼け止めを塗っておいたほうが間違いありません。

眼から日焼けが起こることがある

日焼けに注意する体の部位というと「顔や腕」などをイメージする方が多いと思います。

意外と知られていないのが、

『眼』の日焼け

眼の日焼け、というと眼の色が小麦色に変わるようなイメージを持ってしまいますね。

正確には眼から生じる肌の日焼けです。

日本の大手目薬のメーカーよるレポートでは、

「眼の日焼けは肌の日焼けの一因になる」

ということが実証実験でわかったそうです。

眼から生じる肌の日焼け

<日焼けのメカニズム>

①紫外線情報が眼から脳に伝わる
②脳がその情報に反応
③肌に紫外線が直接当たったのと同じ日焼けが発生
④シミ・ソバカスの原因や眼のトラブルにつながる可能性

まさか眼を通じて肌が焼けるなんて想像もしませんでした。

眼の日焼けを防ぐためには

眼のUV対策としては、サングラスをかけるのが効果的なのですが、個人的にちょっと問題があります。

サングラスが似合わないので、できればかけたくないのです。

サングラスをかけるのを気恥ずかしく感じる日本人は少なくありません。

そうした声に応えるためかわかりませんが、日本のメガネ量販店『Zoff』が、クリアレンズのサングラスを開発しました。

クリアレンズなのに紫外線カット率はなんと100%という優れもの

普通のメガネをかけている感覚で眼の紫外線対策ができるので、黒いサングラスをかけたくない人にはありがたい商品です。

価格も数千円とお手頃なので、次回日本に帰国する際に買って来ようと考えています。

まとめ

南半球のニュージーランドは、これから春を迎え、そして夏がやってきます。

気温が上がっても日本のような蒸し暑さはなく、爽やかで気持ちがいい季節です。

紫外線対策をバッチリしておけば、アウトドアも思いっきり楽しめます。

ニュージーランド旅行にはサングラスもお忘れなく。

CYPHUS(サイファス) 花粉症 メガネ メンズ レディース 男女兼用 サングラス 防風 防塵 カジュアル UVカット 紫外線カット 飛沫感染対策 (ブラウン/クリア)

  • 花粉症、防風、防塵対策グラス!ラウンド形状のフレームがフェイスラインにピッタリフィット。軽量でノーズパッド、テンプルに滑り止めがついているため、ズレずに快適!
  • 紫外線は季節を問わず一年中降り注いでいる為、夏以外でも紫外線対策は必要となります。
  • 紫外線カットにより眼精疲労や目もとのシワやたるみを予防します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする