堀江貴文のブログでは言えない話

フツウに見える人が実は億万長者?貧乏人と金持ちの決定的な違い

日本にある旧自宅を賃貸物件にシフトしてから1年が経ちました。

まだローンという氷山が解けずに残っていて、さらに、くせ者の管理費が重くのしかかってます。

家賃収入からこうした支出分を差し引いたキャッシュフローはほぼゼロ。

そしてこのままで行けば、将来にわたってプラスになることはないであろう、

永遠のゼロ

でもまぁ、キャッシュフローがトントンなら、よしとするか。

あ、そういえば、固定資産税を計算に入れてなかった、、、

収支はトントンではなく完全にマイナス圏域です。

安らぎを与えてくれていたかつての自宅。

今は、損失を出し続ける負債の塊でしかありません。。。

ギャンブルは損する確率が100%

かつて、ギャンブルをこよなく愛する、Aさんという同僚がいました。

ギャンブルで完敗を喫した後、Aさんのお約束フレーズは、

もう1回やって損した分を取り返す!

ギャンブルは基本的に主催者が100%の確率で儲かるようにできていて、その見返りとして参加者に熱狂と興奮をプレゼントするエンタメです。

取り返すどころか、やればやるほど、お金はむしり取られます。

「オレ、パチンコはよく勝ってるよ」

と言い出す残念な人もいるかもしれません。

パチンコは還元率が80%ほどあって他のギャンブルより高めなだけ。

足しげく通い続ければ、否が応でも敗北を認める時がきます。

【総務省が公表しているギャンブルの還元率】

上の図では(A)当せん金率、(B)還元率と書かれてあります。

しかし、ふつうギャンブルで還元率という場合は(A)のことを指します。

宝くじでは1兆419億円のお金を集めておいて、当選者に還元したのは、たったの4758億円だけ。

主催者は宝くじという紙っぺらをバラまくだけで、手数料を5661億円も取っているのだからボロ儲けです。

総務省がわざわざ還元率という名の搾取率を公表してるのに、自らすすんで搾取される人があとを絶たない。。。

低い還元率=低い勝率=高い搾取率

日本のギャンブルは世界トップクラスの搾取率を誇っているので、ギャンブルで勝ち続けるのは完全無欠の無理ゲーなのです。

宝くじは買っても株は絶対に買わない人

ギャンブル好きのAさんに一度、株式投資をすすめたことがあります。

その時、彼の口から出たのは、

投資は危ない。しかも株は最も危ない。

ギャンブルという自殺行為を繰り返している人の言葉とはとても思えません。

親から刷り込まれたのか知りませんが、株=損と洗脳されてる人には何を言っても無駄です。

株式投資の世界には、誰もが知るシーゲル博士という教祖様がいます。

シーゲル博士は過去200年にわたって金融商品のデータを検証しました。

結果、株式投資には年7%程度、インフレ率(年2〜3%)を加味すれば9%のリターンがあったことをつきとめます。

これを還元率に言い換えると107%〜109%。

ギャンブルとは違い、投じたお金が増えていく計算です。

年7%では10年、年9%ならばたった8年で、資産が2倍になるのです。

株式投資の還元率は本当に高いのか

固定資産税として払う金額は年間でおよそ10万円。

もし、税金として支出するお金が手元にあって、それを株に投資したらどうなるのか。

10万円と同じくらいに感じる約1000ドルで、NZ株(メリディアンエナジー)を買ってみました。

購入した数ヶ月前より株価が上がったらしく、現在の評価額は1200ドル。

ちょうど2割の上昇で還元率は120%

株は必ず上がるわけではないので、これは出来過ぎの例です。

しかし、長期的に投資を続ければ、その間、配当収入(メリディアンエナジーは5%超)もあるので、還元率を100%以上にすることは難しいことではありません。

素人投資家が、自由に銘柄を選んで10万円分の株を買う。

Aさんが、好きな番号を選べる宝くじを10万円分買う。

似たような行為ですが還元率の違いによって、一方はお金が増えて、一方はほとんどのお金を失う確率が高い。

どちらをチョイスするかは考えるまでもありません。

まとめ

多くの人々が宝くじを買うことで億万長者になることを夢見ています。

それは億万長者になれるのは、超特別な幸運をもつ人だけだと信じ込んでいるから。

少し古い本ですが、となりの億万長者(トマス・j・スタンリー著)という名著があります。

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

1万人以上の億万長者の資産・年収・職業・行動パターンを徹底的に調査して書いた本だというから、世の中にはありがたい人がいるものです。

興味ありますよね。どんな人が億万長者になっているのか。

この本に書かれた億万長者は宝くじに当たった人々ではありません。

ごくフツウの家に住み、世間体などは気にせず、収入よりはるかに低い生活費で暮らしている人々です。

確かにお金がない人ほど見栄っぱりだったり、ギャンブルで儲けようとしてお金を失います。

一方、お金のある人ほど支出にシビアで無駄遣いをしない。

ギャンブルなどはもってのほか。僕の家のような支出過多の負債もない。

収入は支出を常に上回り、余るお金で安全に投資ができるから着実に資産が積み上がる。

時間の経過とともに資産の還元率も上がっていき、気がつけば億万長者になっていた。。。

考え方と行動習慣によって、搾取されて貧乏にもなるし、

フツウの人でも億万長者になれる、ということです。

【株式投資スクール体験学習会】 参加無料

受講生の7割以上がプラスの運用成績を出している、ファイナンシャルアカデミーの人気スクール。株の仕組みから銘柄選び、決算書の読み方、売買タイミングまで株式投資に必要なノウハウのすべてを体系的・実践的に学べます。

株式投資スクール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする