配当5%+株価34%UP!ハイリターンになったNZ株投資の理由

まだ日本に住んでいた頃の話です。

旅行でニュージーランドへいく時の両替は必ず現地でしてました。

理由は言うまでもなく、現地レートの方がはるかに良いから。

KVB Kunlunという会社が、当時はまだ現金の両替に対応してくれていたので、よく利用してました。

KVBは外国為替だけではなく、株取引を仲介する証券会社でもあります。

初めて買ったNZ株は?

【NZの証券ブローカー】
画像:New Zealand Exchange(NZX)HPから抜粋

いつものようにKVBで両替を済ませた時、受付にあったあるチラシが目に留まります。

高配当のニュージーランド株式に投資してみませんか?

キャッチーなフレーズを 、イラストの牛がアピールしてます。

そして、チラシの裏面にはNZ Telecom(現Spark)など自分も知ってる、いくつかのNZ企業の配当利回りが載ってました。

その利回りは目を見張るほどの数字だったので、

かなりのハイリターン(7%〜8%)

だったと記憶しています。

ふだんは広告チラシなど一切見ないのに、この時ばかりは大切に持ち帰りしました。

そして、帰国後、KVBへ証券口座開設の申し込みをすることになります。

今はもういませんが、当時、KVBには証券取引部門に日本人担当者(Aさん)がいまいた。

Aさんにメールで口座開設の手続きをお願いして新規口座をオープン。

初めて買った株は、ANZ(オーストラリアニュージーランド銀行)

買い方は、今となっては考えられない『電話注文』です。

KVBのAさんにスカイプ電話をかけ、指値を伝えるアナログ手法。

ANZを選んだのは、配当利回り(5%超)が高かったこともあります。

ただ、それだけではありませんでした。

倒産しないであろう企業を選ぶ

巨大金融機関は利用者が多いので、仮に経営が傾いたりすると、一気に社会不安に発展します。

すると、

『これは助けないとまずい事になる』

そう考える人たちが現れます。

それが政治家で、政府が救済に乗り出すのです。

リーマンショックで『投資銀行』が潰れても影響を受けるのはリスク覚悟の投資家たち。

リーマン・ブラザーズは救済対象からはずされ、あえなく倒産

一方、一般の人々も多く利用する金融機関はどうだったでしょうか。

シティーグループ、バンク・オブ・アメリカなどは政府から支援を受けて、経営危機から脱したのです。

大きすぎて潰せない問題(Too Big Too Fail)

として話題になりましたが、現実問題として銀行が倒産したら数えきれない人々が路頭に迷うことになります。

投資家にとっては投資先企業が倒産してしまえば、株はただの紙クズ(今は電子化されてるので紙すら残りません)。

初めての株式投資だったため、安全第一をモットーに一般銀行の『ANZ』を選択したのです。

安全なはずの株を全て売却

ANZを買ってから2年ほどして、あることに気づきます。

株価が天井を突き破れない

過去5年のANZの株価(画像:Yahoo Finance)

ANZの株価はここ数年、25ドルから38ドルあたりを往復するだけ。

そして、金利が下がるなんてニュースが流れると、

株価はすぐに急降下

金融株の宿命として、金利や景気に敏感なのは仕方がないところです。

また、配当をちゃんと払ってくれるのはありがたいとも思っていました。

しかし、次の経済危機が来れば、

『株価が大暴落するかも』

という懸念が消せません。

さらに金融業界には、

・Apple Pay

・Google Pay

などの異業種からの参入、クラウドファンディングなどの新たな資金調達手法も現れています。

スマホでネットバンキングするのが当たり前の時代。

支店やATMが多い銀行ほど負担が大きく収益を圧迫します。

銀行ビジネスが将来大きく伸びるとイメージできなくなったため、ANZ株は全て売却しました。

聞いたこともない企業への投資

『高配当でも投資を勉強しないと、ろくに儲けることはできないな』

ANZを売った後、ようやく本気で株式投資の勉強に励むようになりました。

そして、投資すべき企業の条件(以下4つ)を決めます。

①長期的に安定収益が出せるビジネスである

②収益源が分散されている

③ビジネスを柔軟に変えられる

④配当利回り5%以上で株価が右肩上がり

東京やニューヨークの株式市場の規模をクジラだとすれば、

ニュージーランド株式市場は『イワシ』

上場銘柄は、眺めていればだいたい覚えてしまうくらいしかありません。

その少ない選択肢の中から欲張りな条件にみあう企業が果たしてあるのか。

個別株を1つずつチェックしていたら、聞いたこともない名前の企業が目に留まりました。

インフラに投資する企業、インフラティル

シンプルなネーミングがニュージーランドっぽい。

保有または出資しているビジネス分野は、

・電力

・空港

・バス交通

・データセンター

・学生寮、リタイヤメント施設 etc

<条件1>長期的に安定収益が出せるビジネスであるか

どれも人々の生活には欠かせないビジネスばかりであることから、長期的かつ安定的な収益は見込める。

<条件2>収益源が分散されているか

様々なビジネスに投資しており、仮に赤字のビジネスが発生しても、全体の収益に与える影響は限定的。

<条件3>ビジネスを柔軟に変えられる

必要に応じて既存ビジネスの持ち株を売却でき、それを将来性のある新ビジネスへ振り替えられる。

<条件4>配当利回り5%以上

ANZの配当と比較してしまい、配当にもこだわっていました。

幸い、インフラティルに投資した当時の配当利回りは5%を超えていました。

投資の結果

KVBのAさんにANZ株の売却と、その資金を使ってインフラティルの購入を依頼しました。

その時の株価は、$2.90

その後、増配によって配当リターンは年6%以上。

株価は2019年2月8日現在、

$3.91(2年前から34%アップ)

という結果となりました。

まとめ

今はもうオンラインで株を売買できるため電話注文はしてません。

株式投資についてもANZを買った当時と比べてずいぶん知識が増えた気がします。

今回のインフラティルはうまくいった投資の代表例で、実際は『しょぼい投資』も多々経験してます。

例えば、

よく考えず他人の言うことを真に受けて買う→株が下がって後悔

有名企業の株価が下がって飛びつく→さらに下がって損切り不能

数々の損失を経験し、脳裏に刻まれた過去があります。

うまくいかなかった投資で共通しているのは、

自分の判断基準に従わなかったこと

失敗は極力しない方がよく、そのためには自分でリサーチするのが一番。

そして、実際に取引すると知識の上に経験値が肉付けされてきます。

投資成績が安定すれば、お金を増やしやすくなるのは確かです。

そのためには、

『勉強』と『実践』を繰り返す

これしかありません。

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術(メアリ・バフェット/デビット・クラーク著)

今まで読んだ株式投資本で最もためになったと感じた一冊。株の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットの投資手法を学べます。株式投資をするなら一度は読むことをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする