NZ定期金利は日本の300倍!それでもお金は銀行以外で運用すべき理由

預金するだけではお金は増えない!?

ニュージーランドの銀行金利は日本と比較するとかなり高く感じます。

例えば、ニュージーランドのANZ銀行に1万ドルを一年定期で預金すると、

金利は3.40%(2018年10月現在)

それに対して日本の三菱UFJ銀行のスーパー定期は300万円以上預けても金利は、

たったの0.01%という低さ。

(画像:三菱UFJ銀行)

両者の金利差は単純計算で『340倍』

ANZ銀行に定期預金しておくだけで、つい満足してしまいそうになります。

しかし、ニュージーランドでは、銀行金利が高くてもインフレ(物価上昇)していますので、お金は思ったほど増えないというのが現実です。

アメリカの著名投資家、ウォーレン・バフェット氏も、

『現金は最悪の投資先である』

と述べています。

インフレが続く国で現金を保有すればゆっくり目減りしていくだけ

将来的に価値が大きく上がることはありません。

ニュージーランドでの最適なお金の運用方法

それでは貯めたお金はどうすれば良いのでしょうか。

最も効果的な方法は、

お金を価値が上がる資産に変えておくこと

では価値が上がる資産とは具体的に何を指すのでしょうか。

ニュージーランドの場合は、まず最初に思いつくのは不動産だと思います。

NZの不動産価格は歴史的に上昇を続けています。

今後も人口増が続くことが見込まれるため、上昇トレンドは続く可能性が高いと考えられています。

ニュースサイトStuffでは、出生率や移民の数など不確定要素を加味して、3パターンで20年後の総人口シナリオをグラフにしています。

下のグラフで最もありえそうなのが真ん中の折れ線グラフ。

2038年の総人口はは今より60万人ほど増えて550万人に達します

データ元:ニュースサイトStuff

人口増によって住宅需要も増えますが、供給面の住宅建設は簡単には進みません。

そのため不動産価格は下がるどころか今後も上がり続けることになります。

住宅価格が高くなれば頭金を用意するのに時間がかかり、その間に価格はさらに上昇。

頭金が用意できても借金額が多いとローン金利が高いので返済に苦労します。

政府が進めている住宅対策で家を手に入れられるのは一部の人々

多くの国民にとっては住宅を購入するのは依然、高嶺の花になっいます。

不動産を買えない場合はどうすればいいの

不動産を手に入れるのが難しいとなれば、他の選択肢を考えざるをえません。

中にはFX(外国為替証拠金取引)や仮想通貨などに投資して一攫千金を夢見る人もいると思います。

FXは元手よりも大きなお金を動かす信用取引

為替の激しい値動きに晒されたりすれば、一瞬で手元資金を失ってしまいます。

一方、ビットコインをはじめとした仮想通貨については、どれだけの人がその実態を理解しているのか甚だ疑問です。

よく理解できないものを売買するのは、

投資ではなく『投機』

短期間で億万長者になった人がいる一方、仮想通貨で資産の大半を失った人も無数にいます。

それでも仮想通貨を買いたければ、価値が暴落しても痛手にならないと思える額だけ買うのも手でしょう。

僕は仮想通貨がどこでも使えるようになることを期待しています。

しかし、投資目的で買うことは考えてません。

誰もが資産形成できる投資先

こうなると、不動産以外で有望な投資先として残っているのは、

『株式』だけ

投資をしたことがない人からすると、株式投資は敷居が高いと感じるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

投資先となる株式を発行している企業は、

・好きなファッションブランドの企業

・旅行でマイルをためている航空会社

・家族みんなで契約している通信会社 etc

だったりします。

売買取引もオンラインで簡単にできるので、パソコンやスマホがあれば誰でも始められます。

株式投資の始め方

では、株式投資はどのように始めれば良いのでしょうか。

日本であれば情報はネットや書籍で調べるとたくさんありますね。

今回は、情報が少ないニュージーランドの場合で説明します。

まず、最初にすることは株を取引するための証券口座を開くことが第一歩です。

画像:NZXホームページより抜粋

この中から証券会社をどう選ぶのかは、個人のニーズによって異なります。

僕の場合は、

・少額取引の手数料が安いこと

・オンラインで取引できること

これらを基準にASBを選びました。

ちなみにオンライン取引ができるのは、ASB以外にANZ(2018年10月現在)。

両者の大きな違いは取引手数料です。

ASBANZ
NZ株式取引額手数料NZ株式取引額手数料
NZ$1,000以下NZ$15
NZ$1,001〜$10,000NZ$30NZ$15,000以下NZ$29.90
NZ$10,001〜0.3%NZ$15,001以上0.2%

投資経験が浅いうちは少額取引で慣れた方が良いので、手数料が安いASBがおすすめです。

初心者は投資に慣れることが大切

投資の世界に足を踏み入れたら誰もが必ず経験するのが元本割れ。つまり、

損をしてしまうこと

投資額よりも価値が下がってしまうことは度々あるので、それに対する免疫力をつけなくてはなりません。

株式投資をしていない人でも、キウイセーバーをされている方なら積立額の変動は経験済みのはずです。

僕も先月からキウイセーバーを開始し、前回積み立てた$100は今日時点で$97.24。

さっそく元本割れしています。

キウイセーバーは将来の保障に役立つだけではなく、投資に慣れる上でもとてもよい制度だと思っています。

<キウイセーバーの補助>

年$1043以上積み立てると政府補助が毎年$521が振り込まれる

さらに会社員の方は勤務先企業からの補助も追加される

キウイセーバーの積立額が元本割れしても、こうした補助が見込めるので安心なのです。

一時的でもお金が減るのは怖いという人もいるでしょう。

キウイセーバーはリスクがゼロに近いので、投資初心者が経験を積むためにも良い制度です。

株式投資に潜む本当のリスク

キウイセーバーはリスクがほとんどない、と書きました。

しかし、一般的な株式投資には当然ながらリスクがついて回ります。

ではリスクとはいったい何をいうのでしょうか。

まず思いつくのは、

投資先の業績悪化や不景気などによる『株価の下落』

買った時よりも株価が大幅に下落してしまった

ということは何度も経験があり、感情に任せて株を売ってしまったこともあります。

しかし、そんな中には、

売った後に株価が上がって2倍以上になった

というものもありました。

売らずに持っていればその間、配当金も入ってきていたはずです。

ですので、売ってしまったことによる損失はさらに大きく感じました。

本当のリスクとは株価の変動よりも、

価値がある株を手放してしまうこと

ということを実感しました。

なお、株価の変動が気になる場合は、個別株よりもインデックスファンドに投資する方法がおすすめです。

株式投資で成功するためには

株式投資でそれなりのリターンを得るには長期的視点が必要です。

では、長期保有に値するかどうかはどう判断するでしょうか。

投資を検討している企業の商品やサービスが、

『十年先も必ずある』とイメージできるか

これを考えてみることです。

例えば、十年後は電気自動車が普及していると考える場合

ガソリンスタンドを多く持つ企業→投資しない

電気を作って販売する電力会社→投資をする

となる訳です。

まとめ

定期預金の金利が高いと言われるニュージーランドでも、現金のままでは価値が増えません。

お金を働かせるためには価値を生み出す資産を買っておくことが必要です。

その有力候補が、不動産や株式

しかし、不動産は頭金を用意するだけでも大変で、誰でも買えるわけではないのが難点。

一方、株式投資は$1,000くらいから始められます(※もっと少額からできますが手数料割合が高くなるのでおすすめしません)。

株式投資で資産を築くために必要なのは長期保有することで、その判断基準として、

十年後も投資先企業が社会で重要な役割を果たしているか

これをイメージできることが大切です。

価値が増える投資先にお金を置いておくだけで、資産は十分に増やすことができます。

ガソリンスタンドで働いていたあるアメリカ人男性が亡くなった時、税務署が彼の資産を調べたところ、

その額は『10億円超』

投資家の中でこれは有名な実話です。

米国人男性の資産の大半は現金ではなく、優良企業の株式でした。

だれでも資産形成は可能なことをこの事例が物語っているのです。

世界一ラクなお金の増やし方 インデックス投資はじめました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする