【必須】老後に2千万円?不安を夢に変える一歩は早く踏み出すべき

人生100年時代。。。

金融庁の報告書で、95歳まで生きるには夫婦で老後資金が2000万円不足すると試算され、日本で話題、というか『問題』になっているようです。

男性65歳、女性60歳以上の無職世帯の場合、年金などによる1ヶ月の平均収入はおよそ20万円。

それに対し、平均支出は26万円/月で、毎月の赤字が5〜6万円になるとのこと。

この赤字が1年間で6万円×12ヶ月=72万円になります。

さらに老後30年間、赤字が続いた場合は、72万円×30年=2,160万円。

この計算をもとに『老後資金がざっくり2000万円足りなくなりますよ』と金融庁は報告したのです。

そしてその報告書は”問題提起”だけで終わっているわけではありません。

『長期、分散、積立の方法で若いうちから投資をすることを奨励する』と、その対策も示しているのです。

個人的には特に問題になるような内容ではないと思いますが、あげ足を取られてしまったのでしょう。

2000万円という金額が一人歩きして『老後までに2000万円を自分で用意しないと経済的に困窮しますよ』と脅しているような聞こえになってしまったのです。

お上に従順な日本人も突き放されると逆に食ってかかります。

「国が自分を世話してくれないなら、誰が自分を守ってくれるんだ!」

答えは出ているはずです。自分しかいません。

国を頼りすぎると危険なのはこれ以上ないほど明らかになったわけです。

日本人はタンス預金を貯め込んでる場合ではありません。

投資にシフトしていくことが将来のために重要なのですが、問題は投資の知識や経験が全くない『投資バージン』が日本人に多いことです。

投資を始めるときに知るべきはリスク

投資をすればお金は増えるのか、といえば必ずしもそうではありません。

僕自身を含め、投資で損失を出したことがない人に会ったことはなく、天才と呼ばれる投資家でさえ過去に必ず失敗を経験しています。

ですので、まずはお金を失うリスクを受け入れることが投資の第一歩といえます。

失敗することを前提に考えておけば、いきなり大きな金額を投資することは避けられますし、また仮に失敗してもその経験値は次の投資に活かされます。

長期・分散・積立の鉄則を守る

以前、NZ株式投資のバーチャルトレードをこのブログでご紹介したことがありました。

久しぶりにあった友人に起きた出来事 先日、久しぶりに会う友人宅を訪れた時のことです。 友人は以前と変わらず元気そうに見えたのですが、...

5万ドル(375万円/NZ$1=75円)の元手で、自由に好きな株を買って資産を増やすゲームです。

投資を始めてすぐの頃、資産は4万9千ドルまで減ってしまったのを覚えています。

その数ヶ月後には、4万8千ドルくらいまで額面が減少していきました。

バーチャルですので、実際のお金は減っていないのですが、それでもあまり気持ちが良いものではありません。

ただ、株式投資の世界では買った途端に株価が下がるなんてよくあることです。

過度に気にする必要はなく、投資した後はじっくり待つことが大事になります。

そして半年”寝かした”現在、株価がどうなっているかというと以下の通りです。

(出所 NZXバーチャルトレード画面)

5万ドルの資産は52,527ドル(+5%)へ成長しています。

バーチャルトレードでは配当金が加味されないので、実際にこの通りに株を買っていたら合計6〜8%くらい資産が増えていることになるでしょう。

投資期間が半年では長期といえませんが、8つの銘柄を何回かに分けて買っているので、分散と積立という2つの要素は当てはまっています。

分散投資をどの対象にふり向けるのか

個別株では銘柄選びで迷いますし、投資するタイミングもつかみにくいので、ETF(上場投資信託)のような、すでに分散された商品がおすすめです。

投資先としては、将来的な経済成長が見込める国のうち、経済力が最も強いアメリカが長期積立する上で理想的といえます。

日本から米国株ETFを買う際におすすめな証券会社は、3大ネット証券(楽天証券・SBI証券・マネックス証券)です。

初めて外国株を買う場合、為替が絡むので少し戸惑うかもしれません。

また慣れないうちはネット証券の取引操作が難しく感じることもあるかと思います。

しかし、ETFの購入手数料や、投資後の維持手数料などは低コストで済むので、長期積立投資をする場合はお得な面もあります。

詳しく説明すると長くなるので、はし折りますが、興味がある人はググってみてください。

スマホアプリでも投資ができる

ネット証券よりもっと簡単に投資できるのがスマホアプリです。

例えば、買い物のお釣りで投資ができる「トラノコ」。

クレジットカードや電子マネーで買い物したお釣りを自動で投資に回すことができるアプリです。

トラノコは意識せずに投資ができてしまう点が素晴らしいと思います。

ただし、月額手数料(300円)がかかることと、運用報酬として0.3%、その他手数料がかかるなど、運用資産が少なすぎると手数料が割高となる点は要注意です。

そのほか、3タップ(①銘柄指定 ②金額指定 ③購入)するだけで株が買えてしまうスマホ証券、ワンタップバイも利用者が増えているようです。

最低売買単位に関係なく1000円から優良株を買える点が優れていて、米国株も取り扱っています。

ワンタップバイの場合は、取引手数料が高め(米国株の場合0.7%)なので、取引回数が多い場合は定額手数料プラン(税込1,058円)がおすすめです。

その他にもスマホで簡単に投資できるアプリはいくつかあります。

投資の入門編として活用するには手軽で良いかもしれませんが、長期的に投資を続けていくのであれば、手数料の観点からもネット証券を利用して株を買う方がやはりおすすめです。

まとめ

投資による資産運用は個人にとって必須の時代となりました。

投資では失敗がつきものですが、それによって学びも多く得られます。

自分のお金に関わることなので誰でも真剣になり、自然と経済に詳しくなっていくはずです。

僕も投資をよく知るまでは経済オンチで、『金利ってなに?』『株式投資=ギャンブル』くらいの認識でした。

今は、こうやって人にすすめるようになるほど投資にのめり込んでいますが、それは投資で人生が変わることさえあると思っているからです。

投資が軌道に乗れば、会社や国にしばられれなくなるのも事実で、僕は今、日本の会社をやめて海外で暮らしています。

また将来への不安よりも、将来実現したい夢の方がふくらんでいます。

僕のような零細企業に平社員として勤めていた40代の弱小投資家でもできたことです。

投資をまだ始めていない方は、まず一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

毎月5000円で自動的にお金が増える方法(ミアン・サミ著)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする