【号泣】暴落→バーゲンの勘違いで5千ドル溶かす。負け犬事例から学ぶ株式投資の教訓

このブログでは、

まだ投資しないで消耗してるの?

的なことをいつも言ってます。

そのくせ、これまでの投資で涙が出るほど勉強代を払ってるのです。

合計損失額を知れば睡眠導入剤がマストになるので正確には計算してません。

オレ、損したことなんかねぇっスよ

もし、そんな方がおられましたら、ぜひその秘技を教えていただきたい。

何をもって失敗と呼ぶのかは人それぞれです。

ただ、誰が見ても明らかに失敗と思うことはある。

投資で失敗すると貴重なお金を失うので、できる限りしない方がいい。

今回は、失敗投資のモデルケースを目に涙をためながらご紹介したいと思います。

このブログを読んでくださる誰かが同じ失敗をしないことを祈って。

超一流企業の株が爆下げして歓喜

NZドルベースで資産を順調に増やせたことが、NZ経済にポジティブな見方をする理由です。

間違いない株を買っておけば、早かれ遅かれ恩返しをしてくれるはず。

そう思うと、名前をよく聞くNZ企業の株は無性に買いたくなります。

美味いと噂のラーメン屋に並ぶ人たちと似た心理状態かもしれません。

ある日、背脂コッテリ系の家系株を探してたら、超一流NZ企業の株がなんと爆下げ。

大手ゼネコンのフレッチャービルディングです。

NZの人口は500万人くらいで、福岡県といい勝負の豆つぶマーケットです。

建設業界のジャイアン、フレッチャーにはライバルなどいないも同然。

さらに、NZは住宅や道路の整備が急務で、建設祭りに湧いていました。

株価は最高値から3割も暴落している。

しかし、腐っても天下のフレッチャー。

いずれまた上がるから今がバーゲンチャンス!

たったそれだけの理由で、1万5千ドル分を買いに走ってしまったのです。。。

投資が失敗した理由の数々を公開&後悔

フレッチャー株の下落は、まだ下り坂の途中にすぎませんでした。

その後、最高値のハーフプライス以下まで株価は下落。

投資金は1/3が吹っ飛び、心の中のIKKOが、ど〜んだけ〜を連呼します。

この投資で僕が犯した失敗はいくつもあり、執行猶予はつきそうもありません。

以下は、実刑判決となった理由です。

①最初の暴落理由を怠けて調べなかった

建設労働者は力さえあれば誰でもOKみたいなイメージがあります。

しかし、実際は経験やスキルがないと、現場ではまともに仕事ができません。

NZの建設業界は慢性的な人手不足。

フレッチャーも受注した工事の納期が間に合わなくて、発注者から多額の損害補償を求められています。

さらに、労働者の人件費と建設資材価格の高騰が追い討ちをかけて利益を圧迫。

建設ブームで仕事はある。

しかし、いくら仕事をこなしても儲からない、ワーキングプア状態に陥ったのです。

この情報はニュースを見れば誰でもわかる。

投資先の会社をよくリサーチもせずに買うのは、怠けモノのやることです。

②分散して買わずに一気食いをした

株は売買する度に手数料がかかるので、取引回数が多いとコスト高になります。

が、そんなわずかな手数料をシブッてはなりません。

ダダ下がり株を買うにしても何度かに分けて買えば損失はもっと抑えられてたハズ。

または、奈落の底に落ちるのを警戒して、途中で買うのを止めてたに違いありません。

下がってる株はもっと下がるリスクがあります。

落ちるナイフを目一杯の力で掴んで大ケガするのは、愚かモノのやることです。

③チキンマインドで損切りができなかった

値上がり期待で買う場合、同時に値下がりした場合の損切りも設定しておくべきです。

損失率や損失金額など、損切りポイントの決め方は個人の自由。

とにかく、損失範囲を限定することが大事なのですが、これができそうでできない。

損切りできないのは、売らない限り負けてない、という負け犬思考だからです。

塩漬け株はイビキをかいて何年でも眠り続けます。

すると、より高いリターンを生む投資に資金を振り向けられず、見えない損失が膨らむ。

しょっぱくて食べれないほど株を塩漬けするのは、臆病モノの証です。

④ポリシー無視のミーハー投資をした

1に配当、2に増配、3・4は長期で、5に強さ。

株式投資するときはマイルールに当てはまる企業を探します。

フレッチャーは市場の圧倒的シェアを持ち、ガッツリ資産もあるので簡単につぶれるような会社ではありません。

そういう意味では5の強さだけはあります。

しかし、配当利回りが高いわけではなく、増配を続けている企業でもない。

業績悪化後は絶望的な無配に陥り、株価はどん底に突き落とされました。

ストック型ではなく、フロー型の企業で長期投資に向いているともいえません。

ストック型とフロー型ビジネスの記事はこちら↓

かつて実家ではプロパンガス屋を営んでいました。 小学生の頃は友達からガス屋と呼ばれるのがホントにイヤでした。...

自分が決めた投資すべき会社のルールを持ってないのに、知名度と安く見えた株価に釣られたのです。

ブレブレのポリシーで投資を続けてたら負け犬として、晒しモノにされるでしょう。

まとめ

失敗から学ぶことは少なくありません。

失敗したからこそ、二度と同じ間違いをしないようにと必死に考えます。

ただ、投資で失敗すると取り返すのは難しくて、損切りできないとさらに尾を引きます。

弱者のシロウト投資家が株式投資で戦う場合は、勝つこともよりも負けないことが大事です。

負けを少なくするには、他人の失敗例を教訓にした方が痛手が少ない。

リターンを安定させるのには大勝ちを狙うより損失を低く抑える方が、ガチで有効です。

株式投資スクール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする