バフェットに学ぶのが最短距離!ビジネスと人生の成功法則はストック型で決まり

かつて実家ではプロパンガス屋を営んでいました。

小学生の頃は友達からガス屋と呼ばれるのがホントにイヤでした。

なんか臭わない?オマエ、ガス臭いよー。

ガス漏れたら?オマエん家、バクハツー。

と、ガスいじりされるからです。

アダ名ハラスメントに耐えきれず、切実な気持ちでオヤジに質問しました。

父ちゃん、なんでうち、ガス売ってんの?

オヤジはブッー!と勢いよく屁をこいて、

スミマセン、ガス屋だけに。

聞く相手を間違えました。。。

実家が面する通りはかつては商店街。

業種は家具屋、水道工事屋、板金屋、ミニスーパー、床屋、魚屋、お惣菜屋、酒屋など。

僕が高校生になる頃には、このほとんどが窒息寸前のアップアップでした。

その中で、気を吐いていたのは、うちのガス屋。

なぜ、ガス屋は美味しい酸素を吸い続けて生き残ったのか。

その理由は、ガス屋がストック型ビジネスだったからです。

ストック型ビジネスに投資して成功したバフェット

世界5位の時価総額をもつ大企業、バークシャーハサウェイ。

この会社を一代で築き、世界一の金持ちジイサンとなったのがウォーレン・バフェットです。

【2019年世界時価総額ランキング】

ランキング企業名時価総額国名
1位アマゾン8404億ドルアメリカ
2位マイクロソフト8012億ドルアメリカ
3位アップル7848億ドルアメリカ
4位アルファベット7796億ドルアメリカ
5位バークシャーハサウェイ5084億ドルアメリカ
6位フェイスブック4757億ドルアメリカ
7位アリババグループ4333億ドル中国
8位テンセント4170億ドル中国
9位ジョンソン&ジョンソン3569億ドルアメリカ
10位JPモルガンチェース3441億ドルアメリカ

バフェットがこよなく愛したのが継続的に収入を生み出すストック型ビジネスでした。

ストック型ビジネスの例として有名なのは、多くの男性が毎日使うヒゲソリ。

ジレットのヒゲソリを買ってもらい固定客をストックできると、専用カミソリ刃がずっと売れ続けます。

そして、ストック型と比較されるのがフロー型ビジネスです。

この2つの違いを知ってると、就活する時や、株式投資する際に会社の選び方が激変します。

フロー型ビジネスの家具屋の末路

実家の近所にあった家具屋は、典型的なフロー型ビジネスでした。

家具販売ビジネスの利益率はざっくり50%。

花のバブリー時代はもっと良かったはずです。

利益の幅が大きいので売れるとガンガン儲かる、やめられまへんなビジネス。

全盛期の頃、家具屋の社長は、

「ワタクシ、金持ちですがナニか?」

と言わんばかりで、羽振りの良さは街でトップクラスでした。

ところが、時代が変わり高い家具が売れなくなると、途端に経営飛行が乱気流に突入します。

そしてまもなくレーダーから姿を消してしまいました。

最高級車に乗ってこそ我が人生、と息巻いてた社長。

現在は軽トラでシルバー人材センターにお勤めです。

フロー型は不景気になると途端に経営悪化する

あれだけ儲かってたはずの家具屋はなぜつぶれてしまったのか。

商売がコントロール不能なったのは隣町にニトリができるずっと前のこと。

なので大資本にやられたワケではありません。

バブル以降、景気が悪くなって客はお金をシブリまくるようになりました。

こうなると家具屋のような販売業はツライ。

買いシブリ(心理的カベ)を商品を売るたびに乗り越えなくてはならないから。

そして、客単価と購入回数がセットで減って大ピンチ。

フロー型ビジネスの家具屋は不景気の波にフローされてしまいました。

寝ててもだまって売上が上がるガス屋

一方、ストック型ビジネスのガス屋。

客と契約するのは1度だけ。

その後は、台所で火を使うたび、お風呂でお湯を使うたびにガスを消費してくれます。

ガス屋が起きていようが、寝ていようが、屁をこいていようが売上が上がる。

景気が良かろうが悪かろうがほとんど関係ありません。

ガスは使うたびにお金を払うわけではなく、ほとんどが月末の銀行引き落とし。

お金を出しシブる心理的カベは軽くまたげます。

そして、契約客が増えてストックされると、売上も右肩上がりにストックしていく。

その昔、携帯会社が1円で携帯電話をばらまいてたことがありました。

1台何万円もする携帯電話をタダ同然で売って儲かるの?

そう思った人も多いと思いますが、契約が取れればそんなの安い、安い。

客をストックするほど儲けが大きくなるビジネスは先行投資ができる企業が勝つんです。

株式投資するならストック型のインフラ企業

子供の頃はガス屋のアンチでしたが、今はガス屋のようなインフラ企業が大好物です。

インフラ企業は配当利回りが高い傾向があり、しかも増配までしてくれる。

増配株の美味しさについての記事はこちら↓

少し前にショッピングモールに行ったときのこと。 ブラックの四角形にホワイトのアルファベット4文字が入っ...

アメリカの連続増配年数トップ10のうち3つがインフラ関連企業です。

 1位 アメリカンステイツウォーター(水道・電気事業)
 4位 ノースウェストナチュラルガス(ガス事業)
10位 ベクトレンコーポレーション(電気・ガス事業)

インフラ企業は知名度がバツグンに低く地味ですが、収益はバツグンに安定してます。

僕が投資してるNZインフラ株の記事はこちら↓

まだ日本に住んでいた頃の話です。 旅行でニュージーランドへいく時の両替は必ず現地でしてました。 理由は言うまでも...

屁っぷりオヤジでも経営できたガス屋。

ストック型ビジネスの強さはホンモノです。

株に投資する場合、株価が上がるかどうかは天才バフェットでもわかりません。

長期投資するんだったら毎年確実に、割増し配当がもらえるインフラ株が一押しです。

まとめ

フロー型よりストック型が良いというのはビジネスや投資に限ったことではありません。

お手本にしたいのはやはり、ストックマンのバフェット。

人間関係では付き合いたいと思う同僚や友人をストックして楽しく暮らしてます。

資産の一部は寄付することで人々の信頼もストックされ、愛される金持ちになりました。

その場限りの仕事や、その場限りの人間関係をフローしてると、信頼を失ってひとりぼっちなっちゃいます。

お金と幸せ、両方手に入れたバフェットのストック型人生は学ぶところが盛りだくさんです。

【過去記事のお知らせ】
過去記事(2015年〜)はアメブロでも公開しています。

スノーボール(改訂新版)〔上〕 ウォーレン・バフェット伝 アリス・シュローダー著】
自伝を書かないと公言してきたバフェットがただ一人信頼した著者に執筆を許可し、5年以上の歳月をかけた決定版伝記です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする