堀江貴文のブログでは言えない話

住宅価格が高くてもNZ人がどうしても家を買いたい理由

住宅価格の高騰に歯止めをかけられるか

2018年8月、ニュージーランド議会は、外国人による中古住宅の購入を禁止する法律を可決しました。

この法律が施行されると外国人バイヤーによる投資目的の中古住宅購入はできなくなります。

ニュージーランドではここ数年、全国的に住宅価格が高騰しており、地方都市のロトルアでも5〜6年前と比較して、価格が2倍以上になっている住宅も珍しくありません。

住宅価格が上がっているのは、人口増により住宅需要が急増し、それに対応するだけの住宅建設が進まないことが原因です。

他の先進国やアジア諸国などでも不動産価格が上昇している国は多く、不動産価格が下がり続けている日本は例外なのかもしれません。

トレードミープロパティによると、最大都市オークランドの住宅価格(中央値)は、2013年頃は50万NZドル台でしたが、現在はおよそ90万NZドルと、5年で57%も上昇しました。

高くて家を買えない人が続出している

日本からお越しになる旅行者方にこの話をすると、

「NZ人は高所得者が多いのですか?」

と尋ねられますが、そんなことはありません。

価格が高くて家を買えない人々が急増したため、NZ政府も住宅対策に本腰を入れ始めており、前述の外国人投資家を締め出す法律もその一環です。

もともとニュージーランドは「住宅所有率が高い国」として知られています。

しかし、90年代には約73%に達した住宅所有率は、現在、約63%と10ポイントも下がっております。

この背景に住宅価格の高騰が影響を及ぼしている可能性は否定できません。

ライフステージで住み替えをするのがNZ流

日本人は家を買うとあまり引越しはしませんが、NZ人は人生の中で「家の住み替え」を繰り返していきます。

20代→夫婦二人で暮らせる小さな家
30代〜50代→子供部屋もある大きな家
60代〜→子供部屋が必要なくなるので小さな家
老後→自宅を相続または売却、老人ホームに入居

年代によって必要となる家のサイズが変わるため、住み替えのたびに自宅を売却、または賃貸用として貸出します。

家を所有することは人生の保障になる

住宅価格は右肩上がりを続けているので、長期間住み続けると買った時より高く売れることの方が大半です。

売却して出た利益は、ローンの返済や次の家を買う資金等に使うことができます。

また、現行法では、自宅に2年以上住んだ後に売却すれば、売却益に課税はされません。

住宅を所有することは将来の保障になるので、NZ人の人生設計上とても大切なことなのです。

もちろん一生同じ家に住み続ける人もおりますが、将来売却することを考えて住んでいる人の割合が圧倒的に多いと思われます。

手入れすれば家は100年以上住める

高く売るためには日頃の手入れが重要です。

DIYはNZ人にとってライフワークと言っていいほど定着しており、簡単な家の修繕は自分でやるのが当たり前になっています。

昔、ホームステイさせていただいたお宅のジョンさんは、当時70代の高齢者。

それにもかかわらず、自宅のペンキ塗りを自分一人でやっていました。

住宅は長く使い続けるものなので、NZで築50年なんて家は、古い部類には入りません。

築100年以上の住宅でも、ロケーションがよく手入れが行き届いていると高値で売買されています。

NZならではの驚きの引越し方法

小さな島国のニュージーランドには、製造業の企業は少なく、食べ物以外の多くの品物を輸入に頼らざるを得ません。

また、建設労働者が不足している状況もあり、家を建てようとすると、高い建設費用と長い時間がかかります。

それならば、すでにある家を運んでしまった方が合理的、ということで、NZでは木造住宅を車に載せて運ぶ、という驚きの引越し方法があります。

さらに、大きな家の場合は、2つに切断し、車2台で運搬します。

道路の交通量が多い日本ではちょっと考えられない引越方法です。

実際の様子を私も見かけたことがありますが、口あんぐりの光景でした。

NZの引越しシーズンはクリスマス前がピークで、これから引越しが徐々に増えていきます。

ニュージーランドでドライブ旅行される方は、ひょっとしたら家を運ぶ引越しに遭遇するかも?しれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする