【実話】老後破産へ一直線!家賃保証付アパート経営の恐ろしさ

実家の近所に住む農家のおじさんが、

『最近、アパート経営を始めたよ』

と母から聞きました。

おじさんは先祖から受け継いだ土地を駅前に持っており、そこに新築でアパートを建設したようです。

実家がある街は、

・人口減少が止まらない

・駅前のコンビニの空き店舗が埋まらない

・駅は通勤通学時間しか利用されない

・たくさんの人が働ける場所がない

そんな感じのところです。

そして、おじさんのアパート周辺の家賃相場は、

3DKでも『3万2千円〜』と格安

この絶望的とも思える場所で、米作り一筋で生きてきた60代後半のオールドルーキーが不動産投資に挑むわけです。

僕が銀行員であれば、この事業には一円たりとも融資はしません。

いや、おじさんのことを考えれば、

融資をしてはいけないはず

しかし、銀行は8000万円もの融資を実行したのです。。。

時限爆弾を自ら背負ってしまった

米農家として生きてきたおじさんが、なぜ、畑違いのアパート経営に踏み切らざるを得なくなったのか。

おじさんの立場になって考えてみました。

①農業からの収入減

米作りには

・トラクターやコンバインなどの『農業機械』

・収穫後の『格納倉庫や乾燥機』 etc

これらの大型設備が必要で、維持費や買い換えに、やたらとお金がかかります。

しかし、米の需要は、

30年前より約3割ダウン

これからも増える気配はありません。

販売価格も20年で『半額』まで下がっています。

<60kgあたりの販売価格>

平成5年23,067円
平成26年11,967円

米農家はいくら作っても儲からない『アリ地獄』にハマっている状態

【平成30年 米をめぐる関係資料 農林水産省】

②国民年金はスズメの涙で農家も涙

米農家の多くは兼業農家ですが、おじさんは頑固一徹、『専業農家』でした。

ですので、現在65歳を過ぎているオジサンがもらえるのは『国民年金』。

国民年金の平均月額は『5万5千円』

それに対し、総務省がはじき出した世帯主が60歳以上、無職世帯の1ヶ月の支出は、

およそ24万円

【平成28年・総務省 家計調査年報】

田舎での生活費に24万もかかるわけないだろう、と思う人もいるでしょう。

しかし、おじさんと同年代の両親から話しを聞くと、

田舎では付き合い(冠婚葬祭など)も多く、これ以上かかる月だってある

なんだそう。

米は作っても儲からないどころか、設備投資で赤字になることだってあるのに、年金が全く足りてない。

生活はいよいよ苦しくなるばかりです。

③収入を約束してくれるという救世主が登場

経済的窮地へ追い込まれた農家のおじさん。

その前に突然、見知らぬ人物が現れます。

薄壁建築工法でおなじみ、

レオパ◯スと同業の営業マン

歩合給の営業マンは高齢の土地持ちに狙いを定め、おじさんにたたみかけます。

駅前に所有されいる土地にアパートを建ててくだされば、当社が30年一括借り上げして家賃を保証いたします。

◯◯様には毎月家賃収入が入るだけじゃなく、相続対策にもなってお子様には資産を残すことができますよ。

現実離れした夢の世界へ導くキラートークです。

そしてオジサンの頭の中には、

①作った米は、ぜんぜん儲かない
②もらえる国民年金は、ぜんぜん足りない
③土地は売りたくても、ぜんぜん買い手がない。

という『三重苦』によって支配されて、思考が停止しています。

これは『悪魔との契約』

そうなると判断できずに、契約書に捺印してしまったのです。

夢から覚めると地獄が待っていた

8000万円も借金すると、いくら低金利の日本でも毎月の返済は、

25万円〜30万円

以前聞いた話では、家賃は5万5千円。

8部屋のうち2部屋しか埋まってないとのことでした。

収入は、経費を差し引く前で11万円しかない大赤字

今後、おじさんはサブリース部門の担当者から様々な交渉を迫られ、悪夢を見ることになります。

①家賃保証期間の見直し、そして短縮
②入居率改善のための家賃の値下げ要求、そして減収
③サブリースを解約されたら入居者が引越し、そして空室増

2度目の三重苦です。

オジサンは借金の保証人となった娘婿とともに眠れない日々を過ごすことになるでしょう。

他人まかせのビジネスはやるべきではない

家賃保証なんかで客を釣る会社に騙される人が多いのは、

不動産賃貸業が誰でもできるイージーなビジネス

そう思い込んでいるからです。

物件さえ用意すれば、そのうち部屋が埋まって家賃が自動的に入ってくる、くらいの認識。

日本は『賃貸アパート天国』で、不動産大家からすれば『ライバル地獄』になっています。

・地域の需要と賃貸物件数

・家賃相場

・空室状況 etc

これら最低限の情報を調べるだけで『手を出したらまずい』とわかるはず。

そもそもアカの他人が儲け話を持ってくるのは、

人をダシに使って美味しいスープを飲もうとしてるだけ

それに気づかないと簡単に騙されます。

アパートは定期的なメンテナンスが必要で、部屋が埋まるのとは関係なくお金が出て行きます。

収入が減ってローンの支払いが滞れば、先祖代々守ってきた土地は銀行に持っていかれてしまうでしょう。

まとめ

不動産賃貸をする上で最も恐れるリスクの1つが空室です。

しかし、空室は当然あるべきリスク。

何十年も家賃を保証できるはずがありません。

テレビCMしてる有名企業の話だからと、安易に信用してしまうとカモられます。

『リスクがない』ことを信じるのが『本当のリスク』

このことに気がつかなければなりません。

かつて、阿部寛さん主演でドラマにもなった漫画、「ドラゴン桜」。

落ちこぼれの高校生が現役東大合格を目指すストーリーは、主人公の桜木先生が負け犬根性の生徒たちへ発した言葉で始まります。

負けるってのは、だまされるっていう意味だ。

お前らこのままだと一生だまされ続けるぞ!

ドラマではなくリアルな世界でだまされた人を見ると非常に怖いものです。

やってはいけない不動産投資 (朝日新書) 

誰がどれだけワルなのか?
腐りきった不動産業界のタブーに斬り込む!

「老後の不安」と「投資に興味」があるなら、
次に狙われるのはアナタの番かもしれない――。
生保の営業マンさえダマされる勧誘テクニック、
水も出ない“新築”を買わせてバックレる、
会社員に20億円借りさせた脱法的スキーム、
やったモン勝ちの不正業者は高卒でも年収3000万円、
エリートをハメて田舎のボロ物件で4000万円荒稼ぎ、
営業スマイルという仮面で隠した「本性」を暴く!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする