新型コロナ感染者が500名超!NZは危機を乗り越えられるのか

現時点の新型コロナ感染状況

3月30日時点の新型コロナウィルス感染者状況は以下の通りです。

<感染者数>

項目人数
感染者552名
感染の可能性がある37名
合計589名

感染者数はこの1週間で急激に伸びています。

<感染確認数>

確認時期感染者数
4週間前1名
3週間前5名
2週間前8名
1週間前66名
現在552名

ニュージーランドは比較的早い段階から新型コロナ対策を行ってきました。

感染者が急増した主な原因は、海外からの帰国者に(潜在的な)感染者がすでにたくさんいたことが考えられます。

その後、

・症状が現われる

・検査で陽性と判明する

といったことにより『急増』という結果になったと考えるのが妥当です。

そのことを裏付けるように、感染場所の半数以上を占めているのは『海外』です。

<感染場所>

感染場所感染者数
海外327名
国内166名
不明96名

感染者は不特定多数に拡大

日本でもスポーツ界や芸能界など、有名人にも感染者が出ていますが、ニュージーランドでも同様の事態になっています。

また、以下のような人が多く集う場所での感染発生も確認されました。

・学校
・職場
・結婚式
・国際会議 etc

昨日(3月29日)には『コロナ感染による初めての死者』が出たことが明らかとなり、国内の不安は高まりつつあります。

NZは感染爆発を防げるのか

今は『予断を許さない状況』であることは確かです。

しかし、専門家の中には

ニュージーランドがこの問題を早期に収束させられる可能性がある

と指摘する人もいます。

その理由として、

・島国で国境がない→海外からの流入を防ぎやすい

・気温がまだ低くない→感染が拡大しやすい時期まで数ヶ月ある

・人口が少ない→まとまりがあり対応しやすい

・政府と国民の関係→信頼に基づき行動制限をかけられる

また、国内に適用されているロックダウンによって、感染者拡大のピークを最大400日遅らせることができるという研究論文もあります。

根本的な解決にはワクチンや治療薬が必要かもしれません。

しかし、中国では通常の生活に戻る地域が増えているように、『感染者の増加ペース』を減らすことができれば収束への道筋が見えてきます。

まとめ

ニュージーランドの新型コロナウィルス感染者が急増しています。

現在まで政府が迅速な対応をしてきたことによって、一定期間内にはその効果が出てくるはずです。

専門家の中には、

ニュージーランドはヨーロッパやアメリカのような最悪の状況にならない

と考えている人もおり、それにはこの国の独自性が関係しています。

当面、『感染者数』については右肩上がりに増えていくことでしょう。

しかし、すでにトンネルを抜けつつある中国が辿った過程を見ると、『増加率』が横ばいとなり、その後下降していけば、この問題の出口が見えてくると考えられます。

今をじっと耐え忍ぶことが早期解決へ最も大事なこと

アーダーン首相の言葉を信じて、その時を待ちたいと思います。

(参考情報)New Zealand Herald

絵でわかる感染症 with もやしもん (KS絵でわかるシリーズ)

これは事件だ! 夢のコラボがついに実現!感染症界のエース・岩田健太郎先生 × 菌漫画の金字塔・もやしもん

・わかりやすい!が止まらない。最強タッグによる別格のおもしろさ!

・感染症に立ち向かう際に、知っておくべきことを厳選して解説しました。

・一般読者・学生はもちろん、医療関係者にも最適です。

・感染症が流行しやすい冬にピッタリの「一家に一冊!」の必携書。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする