NZの先住民族マオリと日本人が持つ共通の価値観とは?

ハカを世界的に有名したオールブラックス

ニュージーランド観光でご覧になることが多いのが、

『ハカ(HAKA)』

と呼ばれる先住民族マオリの舞踊です。

ラグビーのNZ代表チーム、オールブラックス。

試合前にオールブラックスが対戦相手の前でハカを披露することで、世界的に有名になりました。

オールブラックスのハカでは、選手の中心で大きな掛け声を発する『リード役』がいます。

このリード役を担うのは、原則的に『マオリの血を引く人物』が選ばれます。

ただ、伝説的なプレイヤーだったタナ・ウマガ選手(サモア系移民)がリード役をしたこともあるなど、例外もあるようです。

ハカは部族ごとに違うものが作られています。

2005年まで長い間、披露されてきたのは『カ・マテ』という名のハカ。

19世紀初頭にナティ・トア・ランガティラ族の首長によって作られたものです。

オールブラックスが国際試合で初めてハカを披露したのは、今から100年以上前の1905年。

本来ハカは、マオリの戦士が戦う相手を威嚇するための踊りです。

オールブラックスのハカには闘争心を表すだけではなく、対戦を望んでくれたチームに対し敬意を表する意が込められているそうです。

リード役が叫ぶカマテの意味

リード役のかけ声はマオリ語なので、その意味が理解できません。

『カーマーテーッ!』

という部分が日本人には

『ガンバッテーッ!』

と聞こえるので、ハカを観るたびに、なんかヤル気が出てしまいます。

実際の意味はどんなものなのでしょうか。

カマテの日本語訳は以下のようになります。

私は死ぬ! 私は死ぬ!

私は生きる! 私は生きる!

(以上を2回繰り返し)

見よ、この勇気ある者を。

ここにいる毛深い男が再び太陽を輝かせる!

一歩はしごを上へ! さらに一歩上へ!

一歩はしごを上へ! そして最後の一歩!

そして外へ一歩!

太陽の光の中へ!

(参考:Wikipedia)

生死をかけた状況が思い浮かび、非常に緊迫した雰囲気が伝わってきます。

ハカを踊るのはスポーツの試合前だけではありません。

人生の節目である卒業式や結婚式など、公式セレモニーの場でも披露されています。

自らの民族の誇りと精神を忘れず、伝統を受け継ぐ姿勢は見習いたいものです。

マオリに息づくマナの精神

ハカだけをみているとマオリ族は、

『戦闘を好む民族』

という先入観を持ってしまいがちです。

しかし、マオリは決して野蛮な民族などではありません。

長い歴史と奥深い文化を持った人々です。

そして、ある言葉が、『利他を重んじる精神』を美徳としていることを物語っています。

その言葉は、『マナ』

マオリに伝わる、人の行いについての規範となる言葉です。

不徳や罪を犯すとマナを失う

善行や感謝されることを行うとマナを取り戻せる

マオリの人々はそう信じています。

ヨーロッパからの入植者が増え、社会が西洋化されていく中で、マオリ族はマナを高めるために生きてきたといいます。

日本人にも通ずる共通の感覚

マナに当てはまる日本語としては、『徳』が適当なのでないかと思います。

周囲の人々や社会に対して、見返りを求めず善い行いをすることを

『徳を積む』

といい、道徳の授業で子供の頃に習いました。

『マオリのマナ』『日本人の徳』

これらには似たような感覚があると感じます。

最近の研究で、マオリ族と地理的に日本と近い台湾人のDNAは極めて類似性が高いことが証明されたそうです。

さらに、マオリ語と日本語の発音方法はほぼ同じ。

日本の先住民であった縄文人は、大昔に黒潮にのって日本にやってきたポリネシア系の(マオリ族と同じ)人種だという説もあります。

ニュージーランドと日本との距離はおよそ『9,000km』

赤道を挟んで正反対に位置するほど離れています。

しかし、マオリ族と日本人を含めアジア人とのつながりは想像以上に深いのかもしれません。

マオリの文化が強く残るロトルア

北島中部に位置する観光地、ロトルア。

ここは最大部族の一つであるテ・アラワ族が暮らしてきた街で、人口の1/3をマオリが占めています。

ロトルアには、ロトルア湖という大きな湖があります。

遠い昔、太平洋諸島からニュージーランドに渡ってきたマオリ族は、海岸沿いの町であるタウランガあたりに上陸を果たします。

その後、内陸に向かってマオリ族は探検をするのですが、その際、2番目に見けた湖がロトルア湖と言われています。

ですのでロトルアという町の名前は、マオリ語で「2番目(ルア)の湖(ロト)」という意味なんだそうです。

そのほか、ロトルアのストリートの名前にはマオリ語が多く使われていたり、マオリ族を象徴する彫刻も至る所で見かけることができます。

さらに、ニュージーランドで初のバイリンガル都市(英語とマオリ語)となるとこが宣言されました。

街を歩いていると地元の人に

『キオーラ!』

と挨拶されることがあります。

日本語だと『こんにちは』という挨拶の意味です。

マオリ語はカタカナ発音で構わないので日本人には馴染みやすい言語。

ロトルアはマオリ文化の中心都市といっても過言ではありません。

=マオリ語の挨拶=

キオラ こんにちは
カパイ ありがとう
エノホラー さよなら(あなたが去るとき)
ハエレラー さよなら(相手がさるとき)
ケイテペヘアコエ お元気ですか?
ケイテパイ 元気です

オークランドからロトルアまでは車でおよそ3時間半ほど、国内線の飛行機ですと約45分です。

日本人との共通点をもつマオリ族の文化を体験されたい方は、ロトルアを訪れてみることをお勧めします。

新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか (北野武著)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする