稼げる職業1位はトレーダー!投資で勝てる得意分野の見つけ方

稼げる仕事にはどんなものがあるのか?

手取り月給が20万円に満たなかった貧乏サラリーマンだった頃。

『稼げる職業ってどんなものがあるんだろう?』

そんなことを考えていました。

医者や弁護士?

会社の社長?

意外なところでマグロ漁師?

国税庁の調べによると2017年に年収1億円以上を稼いだ人の数は、

23,050人』

日本の就労人口(約6500万人)の0.03%ほど。

平均年収(約420万円)の25倍以上も稼ぐ職業はいったい何なのか?

結果は『意外』と『納得』が混じり合う職業でした。

<年収1億以上だった職業(2017年)>

職業名割合   
株や為替のトレーダー56.4%
超一流企業の給与所得者31.8%
事業所得者7.8%
不動産所有者2.8%
作家・ミュージシャン1.2%

(出所 国税庁)

2位と3位の職業は納得感がある

2位は、

『給与所得者』

給与所得者といっても、経営層にいる人たちです。

<超一流企業の経営者の年収例>

企業名名前年収  
日産カルロス・ゴーン 元社長10.9億円
ソニー平井一夫 元社長9.1億円
ユニバーサルエンターテイメント富士本淳 社長7.4億円
トヨタ自動車ディディエ・ルロア 副社長6.8億円
ソフトバンクグループ宮内謙 副社長6.2億円
LIXILグループ瀬戸欣也 社長5.3億円
野村ホールディングス永井浩二 社長4.5億円
武田薬品工業アンドリュー・プランプ 取締役4.2億円

(参考サイト 平均年収.jp)

上場企業の役員レベルだと年収は3000万円ほどだそう。

いずれにしてもここに達するのはエベレスト登頂と同じくらいの難しさに感じます。

3位は、

『事業所得者』

ここは勝手に『オーナー社長』と解釈しました。

アパホテルや高須クリニックの社長のような方々です。

オーナー社長は税金を減らすため意図的に個人収入を下げる場合もあるので、額面通りではないと思います。

しかし、保有する個人資産も多く、オーナー社長の年収が高いのは納得です。

高年収割合が1位だったのはトレーダー

年収1億円以上の過半数以上を占めた1位は、

『株や為替のトレーダー』

トレーダーとして有名なのはジェイコム男として知られたBNFさん、個人で数百億円を運用するcisさんなど。

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学(cis著)

彼ら以外にも年収1億円以上を稼ぐトレーダーが1万3千人近くいることがわかりました。

億り人となった人でも、

『最初の元手は少なかった』

そういう話をよく聞きます。

カリスマトレーダーの二人も初めの元手はそれほど多くありませんでした。

<最初の元手金額>

BNFさん 160万円

CISさん 300万円

実際には、数十万円くらいから始める人たちが多いと思います。

僕も初めての投資でFXをやったときの元手は30万円でした。

稼げるトレーダーを目指すべきか

『上場企業の経営とかは無理だろうし、元手が少なくても稼げるトレーダーがいいかも』

一般的に、専業トレーダーとして生き残れる確率は、

『わずか5%くらい』

と言われます。

ポジティブに考えれば、

上場企業のトップに上りつめるより確率は高い

と言えるかもしれません。

しかし、普通に考えれば95%は消え去るわけです。

成功できる確率は低いと言わざるを得ないでしょう。

勝率があがるのは自分が有利になる『ホーム』

『じゃぁ、どうすれば成功確率を上げられるの?』

日本人選手が多くプレーするようになったドイツのプロサッカーリーグ『ブンデスリーガ』。

下のグラフはサッカージャーナリストの湯浅健二氏が調べたデータです。

各チームのホームとアウェイでの勝率には大きな差があることがわかります。

(出所 湯浅健二のサッカー・ホームページ)

【薄い紫】ホームの勝率 

【濃い紫】アウェイの勝率 

全チームについて言えるのは『ホームゲームの勝率』がアウェイよりも圧倒的に高いこと。

ルールや用具に違いがあるわけではないのに、これだけの差が出るのはなぜでしょうか。

・慣れたグラウンド

・移動の疲れがない

・ホームサポーターの大声援

これら(特に心理的に)有利な状況で戦えることが勝利に結びつくわけです。

投資でもホームで戦うことを意識する

個人でも株や為替など、投資の分野であれば稼げる可能性があることがわかりました。

ただ、成功率をあげるには、自分が有利になる状況(ホーム)を作り出さなくてはなりません。

FXトレードをやめて為替取引へ

FXの元手となった30万円は、米ドル/円で増やそうとしましたが、すぐに玉砕してしまいました。

<FX>

・米ドル/円
・短期トレード

【結果】元手がゼロに

<FXの失敗原因>

・米ドルの動きに詳しくない(当時は雇用統計の知識もありませんでした)

・損切りが苦手

トレーダーとしての適性はなかったので、完全に『アウェイ』の戦いだったわけです。

そこで作戦を変更。

投資対象は自分がよく知っている通貨(NZドル)、そして長期保有(損切りしなくて良い)することで、アウェイからホームへ戦いの場を変えることができました。

<為替>

・NZドル/円
・長期投資

【結果】元手1.5倍+利息収入

<為替取引の成功理由>

・数年間チェックし続けたNZドルを安値で買う

・売買せずに高利回りで保有する(当時、現地の定期金利は5%以上)

損ばかりしていたFXをやっててよかった 僕は過去にFX(外国為替証拠金取引)をしていたことがあります。 ...

次のホームゲームは海外不動産

為替取引の後しばらくしてから別のホームを見つけました。それが、

『海外不動産

日本では1つの町に長く住むことはなく、ホーム(勝てそう)とは感じませんでした。

代わりにホームとなったのはニュージーランドのオークランドです。

立地が全てと言われる不動産取引では、土地勘があるほど有利

オークランドには4年半ほど住んでたことがあり、現地の不動産投資本からも情報を得ていました。

そうしたこともあり、海外不動産でも僕にとっては『ホームゲーム』だったのです。

当時は短期売買も盛んに行われており一度だけ試してみました。

しかし、それを継続(オークション購入)する場合、資金力がないと不利になります。

勝ちやすい戦い方ではなかったので、その後は長期保有に切り替えました。

結果的にその後のブームに乗り、不動産価値は購入時の2倍ほどになっています。

<不動産投資>

・ニュージーランド

・短期売買→長期保有

結果:価値がが2倍に

貧乏サラリーマンを脱却できた今、稼ぐために大事だと思っていることは、

・稼げる分野を見つけること

・自分が勝てるホームに持ち込むこと

この2つです。

不動産情報大手アットホームのデータによると、首都圏の賃貸物件の成約数が落ちているようです。 (出所 アットホーム(...

まとめ

年収1億円を超える人に株や為替のトレーダーが最も多いという事実。

株も為替も広い意味では投資で、この分野が『稼げる』ことは証明されました。

しかし問題なのは、

短期トレーダーの勝率が決して高くないこと

1年で5億円稼ぐ有名トレーダーAkiさんも、初心者時代はトレードの失敗で借金をかかえています。

投資で稼げることがわかっていても勝率を上げないと稼ぐことができません。

そのために、どうすれば良いのか。

自分に合わないことはやめて、勝ちやすい方法(ホーム)を見つけること

これが大切です。

今回は投資について書きましたが、自分が稼げると思うことなら何でもOKです。

自分がよく知っていたり、得意だなと感じることが『ホーム』になるかもしれません。

会社員時代には、

給料以外にあと5万円あれば楽になるのになぁ

なんてことばかり考えていました。

年収1億円なんて今の生活に必要ありません。

勝てる分野で、自分が自由に生きられるだけを稼げたら十分それで満足です。

日本一カンタンな「投資」と「お金」の本(中野啓貴著)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする